官邸メール詳細
テーマ【号外8939】
日韓断交を求める
ご要望
現在、日本と韓国との関係は非常に悪くなっているだけでなく、
慰安婦合意に対する韓国の白紙化の動きや、軍艦島の強制労働があったとする言いがかり、
日章旗に対するいわれのない批判、日韓地位協定による多数の在日朝鮮人に対する人道支援など、
日本の国益や名誉を棄損する度重なる行為により、大きな損害を被っている。
中でも、韓国による竹島の武力占拠および竹島周辺での度重なる軍事演習は、
国際法上も非常に問題であり、日本と韓国は紛争状態にあることは明白である。
このような状態を何年も放置した結果、韓国の反日感情はエスカレートし、
多数の日本人に危害が及ぶ事態となっている。
特に朝鮮半島有事の際には在韓邦人は非常に危険な状態になることから、
撤退を促しているが、思うように進んでいないのが現状である。
このまま米朝の衝突や朝鮮戦争再開が起これば日本に甚大な被害が出ることが予想される。
日韓の国交を存続し続けること自体が異常であり、韓国に対して竹島からの撤退をしない限り日韓断交を行うことが当然と考える。
よって、日韓断交を求め、韓国の竹島からの撤退を強く要望する。
戻る
余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト