官邸メール詳細
テーマ【号外8946】
少年法の厳罰化を求める
ご要望
現在、日本で20歳未満の犯罪には少年法が適用されるが、その罰則は非常に弱くなっている。
これにより、検挙および起訴されていない事案も非常に多く存在しており、早急に対策が必要である。
よって、少年法の厳罰化を求める。

例
・少年法適用年齢を「20歳未満」から「18歳未満」への引き下げ
・刑事処分の可能年齢が「14歳以上」から「12歳以上」への引き下げ
参照
elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=323AC0000000168 少年法
戻る
余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト