官邸メール詳細
テーマ【号外8955】
生活保護受給者へのジェネリック医薬品の活用と推進を求める
ご要望
現在、日本の財政における医療費「社会保障」の割合は非常に大きく、また、これらは年々増加していくものと考えられている。
増え続ける医療費の原因の一つとしてジェネリック医薬品の活用がされてないことが考えられる。
そのため、ジェネリック医薬品の活用等、薬剤偏重からの脱出を目標とした治療などの対応が必要である。
特に、生活保護受給者等へのジェネリック医薬品の強制は行われておらず、
これが原因で余分に生活保護費がかかり、財政を圧迫していると考えられる。
よって、ジェネリック医薬品の活用と推進を求める。

例
・生活保護受給者および高齢者等の医療負担の10%であるすべての者は、医薬品のすべてはジェネリック医薬品とすることの強制
・薬物編重からの食事や運動を主眼においた療法への推進
・輸入品に関しては添加物など徹底した品質検査を行い、国産医薬品と同等の効果となる基準を設ける

参照
www.mof.go.jp/zaisei/matome/thinkzaisei01.html 国の財政 
www.sankei.com/politics/news/180425/plt1804250009-n1.html 生活保護
戻る