官邸メール詳細
テーマ【号外8961】
経営難の私立大に対して募集停止や学校法人の解散に賛成する
ご要望
(2018/7/31 NHKニュースより)
経営が厳しい私立大学が増える中、文部科学省はこれらの大学に対し、債務超過の危険性が確認できた場合、学生の募集停止や学校法人の解散といった指導を行うと通知しました。
現在全国に約600校ある私立大学は少子化の影響などで全体の4割が定員割れするなど、経営状況が厳しくなっています。
このため文部科学省は、これら私立大学に対してより踏み込んだ経営指導を行うことを通知しました。
具体的には、まず大学経営が3年連続で赤字となったり、借入金が預貯金より多くなったりした場合、文部科学省の委員会が大学に提出した経営改善計画をもとに3年以内をめどに改善に向けた助言を行うとしています。
しかしそれでも経営が改善せず、債務超過に陥る危険性が確認された場合は、学生の募集停止や学校法人の解散といった指導を行うとしています。


これに賛成する。日本人よりも、反日国の中国人や韓国人の留学生の学校ばかりも解散、または他校と統合するなりしてほしい。
定員割れした状態では日本の学力低下につながってしまう。留学生は補助金の対象外にしてほしい。

参考:
blog.livedoor.jp/japan_and_korea/archives/76523254.html
military38.com/archives/52287851.html
deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7060.html
blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/35114723.html
戻る
余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト