官邸メール詳細
テーマ【号外8962】
尖閣諸島の防衛を強化せよ
ご要望
アジア安全保障などに関する研究をおこなう米シンクタンクが発表した新報告書によると、
中国共産党政権が日本の尖閣諸島に軍事侵攻するのはもはや「時間の問題」だと言う。
報告書は中国軍や政府高官らの声明に基づいて、軍事侵攻が2020年から2030年の間に行われ、「懸念される10年」であると警告した。
中国政府が2020年から2030年の間に尖閣諸島を侵攻するとの証拠に軍部や政府の高官による声明や、海軍の大規模編成を挙げた。
「共産党政権取得の2049年は一つの節目。2030年からは約20年の時間がある。20年も経てば国際社会からの避難が弱まるだろう」と尖閣侵攻のタイミングを分析する。
中国海軍の尹卓少将は2013年1月北京テレビの番組に出演した時、中国海軍が日本の尖閣諸島を奪取するために、「短期戦争」計画していることを明らかにした。
また、実際の戦闘は非常に短く、数時間で終了する可能性もあると、少将は述べた。「中国は(ほしい島嶼の)実効支配の必要性を作り出すとした。」
また、「米国が他地域での紛争に携わっていて日本を支援する余力がない時期に中国は尖閣を侵攻するだろう」とも付け加えた。
中国は尖閣諸島だけでなく、沖縄全体、日本を侵攻を狙うであろう。
もちろん、軍事的防衛だけでは無意味で武力による戦争は常に最後の選択肢であろう。
外交戦略と経済の安定化など、情報戦を含めて戦争に至らないための高度な政治戦略が必要になる。
民主主義国家では選挙の結果によっては、かつての民主党のような政権が誕生してしまうこともある。
政治家の特に政策決定に関わる閣僚の多重国籍を禁止にしたり、国会議員の立候補時に最低三代前、できれば四代、五代前の出自の公開を義務付けたりして中国のスパイが紛れ込まないようにする必要がある。
同様にスパイ防止法のような国民の生命と財産を守るための国家安全保障に外国政府の内政干渉を未然に防ぐ法整備など自衛手段が必要である。
また、現政権で、尖閣諸島に公務員の常駐、または自衛官の常駐の実現を公約にしていたが、まだ実現されていない。代わりに船舶や航空機の通信施設やレーダー、気象レーダーや港湾施設を作るなどして、尖閣諸島の防衛強化を要望する。

参考:
toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-5666.html
bewithgods.com/hope/jiji/china-p.html
blog.goo.ne.jp/bb-danwa/e/bdc79506cf315cf5368632d6e94d5b13
deepvioletpigment.myartsonline.com/hoppou/hsk01.html
www.epochtimes.jp/2017/06/27819.html
www.epochtimes.jp/2018/04/32571.html
osint-japan.com/index.php?345%E3%80%80日本解放第二期工作要綱①
ryotaroneko.ti-da.net/e6176299.html
www5d.biglobe.ne.jp/~anpoken/sub36.html
yusan.sakura.ne.jp/library/china_kousaku/
戻る
余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト