官邸メール詳細
テーマ【号外8964】
尊厳死法の制定を求める
ご要望
現在、日本には、数多くの人たちが尊厳死法の制定を望んでいるにも関わらず、現状、全く進んでいない。
終末期医療を受けている中には、自分の意思とは関係なく、延命治療を受けている人もおり、その中には、
壮絶な苦痛を伴うものも存在する。
日本でも尊厳死はできるものとなっているが、それを行うには、医者にとって、非常に不安定な状況となっており、
訴訟等の可能性により、ほとんど行われていないのが実態である。
尊厳死法の制定はこれらの人たちの人権を尊重するものであり、死ぬ権利である。
また、これらの問題を放置するすることは日本の財政を圧迫する原因となり、財政再建の観点からも早急に制定を求める。
よって、尊厳死法の制定を求める。

参照
stonewashersjournal.com/2016/08/17/livingwill/ 尊厳死法
www.songenshi-kyokai.com/ 同上
thepage.jp/detail/20141223-00000006-wordleaf 同上
戻る
余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト