官邸メール詳細
テーマ【号外8985】
おとり捜査「警察官の権限」の拡大を求める
ご要望
現在、日本には非常に多くのテロ組織および反社会組織が存在し、非常に危険な状態となっている。
また、東京オリンピックも控えていることにより、テロリストに狙われやすくもなっている。
しかし、日本の警察の捜査権は欧米やアメリカと比べて弱く、問題である。
特に、おとり捜査の分野では、麻薬以外の分野では認められておらず、
これが原因で【オウム真理教】のようなテロリスト集団を増長させる原因となっている。
よって、おとり捜査「警察官の権限」の拡大を求める。

例
・おとり捜査の拡大「麻薬以外にも反社会勢力や外国政府委およびその通謀組織および人に対しての捜査権の拡大」
 場合によっては、非合法の工作も含む
・特に、カルト教団「創価学会や統一教会」に対しての破壊工作
・日本版「愛国者法」の制定

参照
ja.wikipedia.org/wiki/米国愛国者法
戻る