官邸メール詳細
テーマ【号外109】
留学生の労働条件の調査および厳格化を求める
ご要望
日本では留学生は留学ビザでは就労は禁止されているが、資格外許可活動許可を受けていれば就労が可能となる。
しかし、例えば、日本には非常に多くの新聞販売店が存在するが、このほとんどのところで、 
時間外労働や給料の不払いおよび最低賃金を無視した労働環境となっており、早急に対応が必要である。
人手不足が深刻な中でこのような違法就労をしている留学生が大勢いることが予想される。
資格外許可活動から逸脱、もしくは許可を得ていない状態で就労している留学生がいないかの調査をお願いしたい。
また、日本での就労が必要な経済状態での留学を禁止するように留学ビザの基準や、資格外許可活動の制度自体の見直しも要望する。

参照
www.huffingtonpost.jp/foresight/newspaper-delivery_b_6568716.html  
留学生の労働問題
戻る