官邸メール詳細
テーマ【号外111】
外国人による世論誘導への対策を求める
ご要望
現在、日本では非常に多くのロビー団体があるが、中には北朝鮮や中国と連携し、
日本の世論誘導や情報および印象操作を行っており、早急に対応が必要である。
その中で、特に問題なのが外国人および外国政府機関による、日本の世論誘導や印象操作である。
これには、非常に多くの日本人や組織が協力しており、早急に対応を求める。
外国人参政権は禁止されているにも関わらず、このようなネットやブログおよび大学等の公共機関を使い、
自分たちに有利な情報を流したり、議員を応援するということが公然と行われている。
このようなことを禁止する法律はないので、早急にそのような法律を作成することを求める。

例
・情報操作を行っている関連サイトやブログおよびツイッターの閉鎖および禁止
・またこのようなことに協力している日本人に対しては、外患誘致罪等での検挙もしくは罰則の創設
・そのほか、必要な措置

参照
www.epochtimes.jp/2017/12/29996.html 中国の浸透工作 オーストラリア
ironna.jp/article/2511 在日中国人によるスパイ活動
www.afpbb.com/articles/-/3180516 スパイ防止法
戻る