官邸メール詳細
テーマ【号外112】
深海六千メートルの無人潜水機の開発に賛成する
ご要望
2018年6月25日の読売新聞によると、政府は今夏無人潜水機を使って深海六千メートルの深海を調査できる技術の開発に着手する。
深海でも洋上と通信したり、充電できるシステムを確立し、2022年までに実用化する。レアアースなど海洋資源探索に役立てたい考えだ。
水深二千メートルの海底で無人潜水機5台を同時運用する技術を開発し、沖縄で実験行っている。
この開発に賛成し、海底資源の探索だけでなく、防衛などにも利用してほしい。

参考:
news.goo.ne.jp/article/yomiuri/politics/20180625-567-OYT1T50016.html
news.goo.ne.jp/topstories/politics/385/c5a047140fdc558bc5bb7e9186045c89.html
www.yomiuri.co.jp/science/20180625-OYT1T50016.html
戻る