官邸メール詳細
テーマ【号外122】
二重国籍から日本籍に選択する要件の厳格化を要望する
ご要望
蓮舫の二重国籍問題で日本は台湾を国家と認めていないから二重国籍に当たらないという見解を示す政府関係者や弁護士がいる。
ならば台湾の外省人や北朝鮮人がそれらの籍を持ったまま日本に帰化して国会議員になり首相になる可能性があることになる。
これは安全保障上重大な問題でありこのような制度や法の抜け穴を放置することは許されない。
完全に元の籍を離脱させるかそれができない者は選挙権を与えるべきではない。
そもそも日本への忠誠を問われずに簡単に帰化できることが問題であり、元の国への便宜を図るために帰化したとしか思えないような議員がいるのも事実である。
帰化条件を厳しくし、立候補の際は出自を何代か過去まで明らかにさせ、帰化後すぐに立候補できないようにするべきである。
戻る