官邸メール詳細
テーマ【号外131】
情報収集衛星レーダーの打ち上げに賛成し、監視強化および研究開発の推進を求める
ご要望
「政府の情報収集衛星レーダー6号機を搭載したH2Aロケット39号機が12日午後1時20分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。
衛星は予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。北朝鮮の核ミサイル施設や、積極的な海洋進出を続ける中国艦船の監視強化に役立つ。
(中略)
 政府は撮影回数の増加に向け、レーダー、光学4基ずつとデータ中継用の静止衛星2基の計10基体制を目指している。」(産経新聞より)

これに賛成する。
現在、日本の安全保障は日に日に悪化しており、早急に対応が必要である。
よって、監視強化のための今後の衛生打ち上げや、関連する研究、技術開発の推進を求める。

参照
www.sankei.com/smp/life/news/180612/lif1806120008-s1.html 情報収集衛星
www.sankei.com/smp/life/news/180612/lif1806120017-s1.html 同上
戻る