官邸メール詳細
テーマ【号外145】
帰化人の犯罪検挙状況の公開を求める
ご要望
現在、日本では、帰化人の犯罪検挙および、起訴状況については、個別集計した数字として公開されておらず、非常に問題である。
帰化人は日本国籍は有しているが、婚姻等によって日本への帰属意識の低いまま帰化する場合も多く、犯罪の温床になっている可能性があることや、
最悪の場合に国籍剥奪措置もあることから、日本人の犯罪とは分けて集計するべきである。
また、一部の人がいっている通り、帰化人の犯罪検挙状況を公開することは、善良な帰化人のためにも必要であり、早急に公開を求める。
よって、帰化人の犯罪検挙状況の公開を求める。
戻る