官邸メール詳細
テーマ【号外177】
パチンコ店の遊技料金の上限の引下げを求めます
ご要望
現在、日本ではギャンブル依存症の疑いを持つものが320万人もおり、対策が必要である。また、ギャンブル依存症とパチンコ、パチスロは関係があり、早急に対応が必要である。
確かに、パチンコの出玉規制はギャンブル依存症の抑止の対策となっているが、まだまだ足りないと思う。また、パブリックコメントの反対意見にもある通り、
パチンコの出玉規制の強化よりも遊戯料金の引き下げをしたほうがいいという意見もあり、これに賛成する。
また、一部の情報ではパチンコで得た資金の一部が北朝鮮に送金されているという情報もあり、北朝鮮対策としても、対応が必要である。
よって、パチンコ店の遊戯料金の上限の引き下げを求めます。
例
遊技料金の上限を4円から2円とするなどの引下げ
スロットの貸しメダル料金の上限を20円から5円へ

参照
search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000163356 パチンコ店の出玉規制のパブリックコメント
www.nikkei.com/article/DGXLASDG29H65_Z20C17A9CR8000/ ギャンブル依存症
戻る