官邸メール詳細
テーマ【号外182】
米軍の武器の横流しについて
ご要望
現在、日本には違法拳銃および小火器等が約4万丁ほどあるといわれ、日本の治安および安全保障に多大な被害を与える懸念となっている。
違法拳銃の約4割は米国製といわれそのほとんどが、米軍からの横流しおよび流出といわれている。
これは、日本の治安および安全保障に多大な被害を与える懸念となっており、一部の情報ではその拳銃等が反社会組織および反日組織に流れているという情報もあり、早急に対応が必要である。
また、これを放置することは将来の日米関係に多大な影響を与えると思われ、外交的にも重大な問題である。
よって、米軍の武器の横流しおよび流出対策を求めます。

参照
www.npa.go.jp/publications/statistics/yakuzyuu/data/h27_yakujyuu_jousei.pdf 警視庁 拳銃 P32
yh649490005.xsrv.jp/public_html/2014/10/12/172%E3%80%80%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%86%8D%E7%94%9F%E5%A4%A7%E4%BD%9C%E6%88%A6%E6%94%BE%E8%AB%87%E4%BC%9A%E3%80%80%E5%9C%A8%E6%97%A5%E5%AF%BE%E7%AD%96%E2%91%A1/
米軍横流し
戻る