官邸メール詳細
テーマ【号外194】
医療費を払わない訪日客の再入国拒否に賛成する
ご要望
訪日外国人観光客が医療費を支払わずに帰国するケースが相次いでいることを受け自民党のプロジェクトチームはこうした訪日客の再入国の拒否などを盛り込んだ提言をまとめた。
訪日客は2017年に過去最高を更新した。訪日客の3割が医療費をカバーする旅行保険に未加入とされ、医療現場では医療費の不払いや対応するための負担増などの問題が顕著化している。
提言案では訪日客が入国後でも入れる旅行保険の周知、カード決済できる医療機関の整備などを求めた。また、不払い経験のある訪日客の入国審査を厳格化し、再度の不払いの恐れがあれば、
入国拒否をすることを打ち出した。
この案に賛成し、早期実現を望む。また、不払い経験のある訪日客は、全額支払いが完了するまで、入国拒否にしてほしい。また、このような不正ができない仕組みをつくってほしい。
投資・管理ビザの厳格化、医療ビザの厳格化し、抜け穴をふさいでほしい。
また、訪日外国人に医療費をカバーできる旅行保険の加入を義務付けてほしい。観光は大きな産業だが、このようなことがあれば大きな損失である。
売国政権に移ってしまった場合、現状に戻されないような法律を制定してほしい。

参考:
www.yomiuri.co.jp/politics/20180428-OYT1T50082.html
endokentaro.shinhoshu.com/
u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50510248.html
www.asahi.com/articles/ASL4W3Q6ZL4WULBJ002.html?iref=comtop_8_04
ameblo.jp/ishinsya/entry-12383786781.html、 
hosyusokuhou.jp/archives/48819125.html、 
hosyusokuhou.jp/archives/48818906.html、 
www.honmotakeshi.com/archives/53648880.html
戻る