官邸メール詳細
テーマ
【号外211】 AI等を駆使した行政サービスのデジタル改革を求める
ご要望
現代の日本は少子高齢化が進んでおり、生産性の向上が求められている。
米国では既に民間企業のAIやIoTなどを駆使した取り組みにより、社会全体を最適化、効率化するデジタル改革が盛んである。
一方で日本でも官公庁および地方自治体での行政サービスに、AIを取り入れて効率化を進めている例があるが、
人がやっている業務を機械化、自動化するという形での適用にとどまっており、行政サービスそのものが社会にとって最適となるような変革には至っていない。
よって、政府主導で行政サービスの見直しを行い、AIやIoTなどを駆使して効率化を推進し、生産性の大幅な向上や公務員の待遇改善を求める。
mainichi.jp/articles/20180224/k00/00e/040/325000c
www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/dai72/siryou6.pdf
戻る