官邸メール詳細
テーマ【号外312】
企業の長期投資を促すため長期株主保有者優遇制度の拡大を求める
ご要望
現在の日本はデフレであり、需要が不足しており、民間の投資を促す必要がある。そのためには、
企業が長期投資を行うために、潤沢な資金を獲得しやすい環境を整備する必要がある。
企業の長期投資を促す環境を整備するにあたって、企業の長期的な投資による将来の配当金を軽視し、
短期的な株価の変動による配当(インカムゲイン)や売買の差額(キャピタルゲイン)で儲けようとする「投機家」を減らし、
株を安定的に長期保有する「投資家」を優遇する仕組みを作らなければならない。
現在の日本では、多くの株式会社が、長期株主保有者に対してポイントカードやギフトカードを与える株主優待を導入しているものの、
株式の保有年数に応じて配当金が増えるなどの直接的な優遇制度はいまだ限定的にしか採用されていない。
そこで、株式の保有年数に応じて配当や議決権が強化されるLoyalty Sharesの導入を奨励していくべきである。
したがって、政府は、長期株主保有者優遇制度を拡大するため、例えば以下のことをすべきである。
・株式の保有年数に応じて配当や議決権が強化されるLoyalty Sharesの導入
・Loyalty Sharesを導入した企業に対する法人税減免制度の導入
戻る