官邸メール詳細
テーマ
【号外355】 自衛隊へのネガティブリストの適用と軍法会議の創設を求める
ご要望
現在の自衛隊は、戦時において「~ならばしてもよいが、他は全部してはダメ」というポジティブリストに基づいて行動しなければならず、
自衛隊が何らかの行動をとるときにいちいちこのリストに合致するか確認しなければならない。状況が刻一刻と変化し、
不測の事態が次々に起こる戦時においては、ポジティブリストは自衛隊の迅速な対応を阻害し、実質的に機能しない。
国際法は「(捕虜を殺害するなど)の行為はしてはならないが、他はすべてできる」というネガティブリストを認めており、
世界の軍隊はネガティブリスト体系で行動している。
また、自衛隊には軍法会議がないため、戦時でも自衛隊は道路交通法のために信号を守らなければならないし、
仮に自衛隊が戦時に敵を殺傷した場合、平時の法で裁かれることとなり、殺人罪や傷害罪が適用されてしまう。
これでは戦時に自衛隊は何もできない。
したがって、政府は自衛隊へのネガティブリストの適用と軍法会議の創設をすべきである。
戻る