官邸メール詳細
テーマ
【号外371】 船舶の位置確認装置搭載の義務化と緊急通報体制の構築を徹底せよ
ご要望
北朝鮮政府は我が同盟国である米国旅行者のワームビア氏を拘禁、救えたかも知れない命をむざと
死に至らしめている。周知の通り、北朝鮮は日本の一般市民を数多く拉致した(197?-88)。
米朝対立の深まりが原因で、洋上どこであれ北朝鮮漁船による日本人漁師拉致ないし殺害が起きて
すり替わった工作員に不法入国される恐れがある。
www.cnn.co.jp/world/35102690.html
dailynk.jp/archives/75655
www.forumsec.org/resources/uploads/embeds/file/Final_48%20PIF%20Communique_2017_14Sep17.pdf (p. 7)
www.tokyo-mou.org/doc/ANN16.pdf (p. 34)

片や韓国は往時日本の漁師を約四千名捕らえ虐待しており、内政安定のため人間狩りを再開する
可能性が否定できない。
president.jp/articles/-/23184

被害発生の防止には、ある距離・時間を越え洋上にある船に対しての現在位置確認装置(GPS等)
装着義務化が欠かせぬ。ことは人命保護に関わるため補助金も検討せよ(違法漁業の追跡にも便あり)。
別途、危機を簡便に本土へ発する緊急警報装置も各船に備え、近辺に報せる連絡網も構築せよ。
戻る