官邸メール詳細
テーマ
【号外385】 日韓海底トンネル事業に反対する
ご要望
釜山・対馬・壱岐・唐津に、長大な海底トンネルを開通させる韓国の計画がある。
戦後七十年経っても日本が半島の再属領化を企てるという被害妄想に覆われた韓国世論が「侵略者」と
地続きになる計画に異議を唱えないのはおかしい。
japanese.joins.com/article/048/228048.html
ihf.jp/

そこから韓国人の間に計画へ共通の認識があると知れ、「対馬島の日」制定に至って目標を自ら暴露している。
韓国は島の占領を目指し、例えるなら国境侵犯を隠蔽しつつ行動戦を展開している。
条例で計画推進にほぼ同意した対馬市議会は、事と次第で外患誘致罪に問われると理解しているのか。
www.sankei.com/politics/news/140119/plt1401190022-n1.html
www.soumou.info/tsushima/topics/korea.html

第二次大戦直後、幾つもの自治体を暴力で屈服させた暴虐を九州一帯で繰り返す企てが濃厚だ。まして北朝鮮主導の
統一ともなれば、旧共産圏国のスパイや戦闘部隊に侵入される。日本政府はトンネル開通に協賛した全組織へ、
現状認識の諮問と公式の強い抗議を続けよ。
対馬市が計画を放棄せぬ場合、機密漏洩を防止すべく自衛隊施設撤収を検討、可能なら速やかに始めよ。
戻る