官邸メール詳細
テーマ
【号外390】 麻生太郎氏の難民対策の発言に賛成する
ご要望
麻生太郎副総理大臣(当時)は2017年9月23日に宇都宮市内の講演会で、
「朝鮮半島有事が徐々に現実味を帯びてきている今日、有事を想定して行う防衛や避難訓練と同じくシュミレーションが必要なことは非常に多い。
その一つが、半島からの難民問題だ。中東におけるISの暴挙によって大量に発生した難民が欧州に押し寄せ、その難民の処遇を巡って、
政治問題が起きた。半島有事が起きれば日本も対岸の火事ではなくなる。これが、「武装難民かもしれない」警察で対応するのか。
自衛隊防衛出動か射殺ですか。真剣に考えなければならない。」と語った。
麻生副総理はシリアやイラクの難民の事例を挙げ「向こうから、日本に難民が押し寄せてくる。動力のないボートだって、
潮流によって間違いなく漂着する。10万人単位をどこに収容するのか」と指摘。さらに、「向こうは武装してくるかもしれない」としたうえで、
「防衛出動」に言及した。防衛出動は日本が直接攻撃を受けるか、その明白な危険が切迫している「武装攻撃事態」などの際に認められており、
難民対応は想定していない。武装難民とは早い話が便衣兵であり、
正面切って攻めてくる正規軍とは比較にならないほど質が悪いのはいわゆる難民事件で証明済みだ。
想定外という言い訳が許されないのであれば、あらゆる状況に対応することを検討するのは、政治家の務めだ。
あらゆる事態のシュミレーションをしておくのは必要だ。 日本の国民の安全を考えれば、麻生副総理の発言は当然だ。
よって、この発言に賛成する。合わせて、難民対策の法律の制定も急いでいただきたい。
戻る