官邸メール詳細
テーマ
【号外463】 格差是正のための税制を求める
ご要望
現在の日本は長年のデフレの結果、中間層が減り、富裕層と低所得者層の格差が拡大している。
そこで、格差を是正するために、グローバル企業と富裕層への課税強化と税金逃れ対策をするとともに、
低所得者層の税負担を減らし、国民の所得を増やし、消費を喚起する必要がある。
具体的には以下を要望する。
・金融取引税を導入し、短期的投機を減らす。
・企業の海外所得に課税する。
・最富裕層への所得税と相続税の税率を引き上げる。
・低所得者層への所得税の税率を引き下げる。
・消費税を減税または撤廃し、低所得者層への負担を減らす。
・遺産税・勤労所得税額控除の導入を検討する。
・炭素税・石炭石油税・発電税など各種環境税を導入または引き上げる。
戻る