官邸メール詳細
テーマ
【号外897】 「民泊」サービスの調査・規制・摘発を希望します。
ご要望
個人が住宅の空室などに外国人を有料で泊める「民泊」と呼ばれるサービスが広がっている。
多くは旅館業法で必要な営業許可を得ておらず、旅館業法違反の疑いがある。
マンション・賃貸などでは契約違反の可能性もある。

今回の貸し部屋みたいな場合、まず脱税の温床になるという点。
次に正規の手続きで賃貸物件借りられない、犯罪者、不法滞在者、ヤクザの温床になる。 
更に本来宿や貸し部屋でない場所を貸すことで、不特定多数の利用者が使い、そこの不動産の価値(当該部屋ではなく、同じ建物の違う部屋の価値)が不当に減じてしまうという点だ。
「民泊」サービスの調査・規制・摘発を希望します。
戻る