官邸メール詳細
テーマ
【号外635】 政治活動目的の外国人の入国に関する懸念
ご要望
内閣総理大臣殿

 総理におかれましては、週末に被災地等を訪問されるなど、全力で日本国のためにご尽力されている姿に感銘を受け、一国民として大いに感謝しております。ありがとうございます。また、先般のG7サミットならびにオバマ大統領の広島訪問は歴史的なマイルストーンとなりましたこと、リーダーシップを発揮していただき、感謝に堪えません。
 さて、そのオバマ大統領広島訪問ですが、残念な事象を観察し、同時に国の安全保障に関して懸念がありますので下記の通り改善を要望します。
 5月24日、「韓国原爆被害者協会」の会長ら約10人が、27日に予定されるオバマ米大統領の広島訪問に合わせて来日し、先立つ26日には在韓米大使館を訪ね、米政府に謝罪や賠償を要求するオバマ氏宛ての書簡を届ける予定であることが報道された。
 5月26日、韓国の被爆者と被爆2世の計6人が26日、ソウルの米国大使館前で記者会見し、オバマ氏に対し原爆投下の謝罪や賠償と、広島の平和記念公園内にある韓国人原爆犠牲者慰霊碑を訪れることを要求するアピールが実行され、6人と支援者は26日午後、大阪経由で広島入りし、同慰霊碑に献花、27日にオバマ氏に直接要求を伝えたいとしていることが報道された。
 5月27日、韓国の被爆者と被爆2世の計6人、韓国市民団体の関係者4人は27日、広島平和記念公園内にある韓国人原爆犠牲者慰霊碑の前で記者会見を開き、「広島を訪問したらまず、日本の侵略と植民地支配による強制徴用、被爆という二重、三重の苦しみの中で死んでいった罪のない韓国人被爆者の慰霊碑を訪れ、謝罪せよ」とのオバマ大統領宛ての書簡を報道陣に配布し、安倍総理へも謝罪を要求したことが報道された。
 6月4日、これらの韓国人は27日広島で、日本語と韓国語で「オバマ大統領は謝罪しろ!賠償せよ!」と拳を突き上げシュプレヒコールをあげたことと共に、関空での入国手続きについて報道された。
 纏めると、韓国人約10名が日米に謝罪を求めることを目的として、日本に関空から入国し、広島で実行した、と写真とともに報道されている。
 報道が事実とすれば、日本の安全保障上、下記の問題点を指摘する。
 これら韓国人の行動は、日韓基本条約を無視した上で、日本国に対する抗議を含む日本国内における政治活動である。アピール内容は従軍慰安婦問題と類似した事実に反するものであると同時に、日本を国際的に貶める活動に発展する可能性がある。加えて、外国人の国内での政治活動は、国民の主権を脅かすものだ。
 これら韓国人が政治目的で入国する可能性が事前に報道されながら、これら韓国人は入国を許可された。外務省は上記韓国人に対してビザを発給したのか、入国管理局はどのような理由で上記韓国人の入国を許可したのか、日本のビザ無し要件はそんなに甘いのか、韓国人にだけ甘いのか、これら韓国人がテロリズムに係わる可能性はなぜ否定できるのか(最近、靖国神社を毀損する事件があった)、なぜ政府は外国人の政治活動を結果的に許可したのか、など多くの疑問がある。
 本事件は幸運にも、暴力的被害を伴うテロに発展しなかった。しかし、韓国人の誤った歴史認識を国内外にアピールされるという被害があった。

要望1.外国人の出入国は国家の安全保障にかかわる重要事項であり、テロリズムを未然に防止するためにも政治活動目的での入国は最悪水際でも阻止すべきだ。本事件に関する国民への説明を要望する。
要望2.本事件で入国した韓国人の再入国禁止、また国内に居住する支援者の捜査等、法に基づいた行政執行を要望する。
要望3.国民主権とテロリズム未然防止の観点から、外国人の国内での政治活動を明確に禁止する法律制定を要望する。

(引用1.読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/20160524-OYT1T50097.html
(引用2.産経新聞)
http://www.sankei.com/world/news/160526/wor1605260029-n1.html
(引用3:聯合ニュース)
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/05/27/0200000000AJP20160527003400882.HTML
(引用4.産経新聞)
http://www.sankei.com/affairs/news/160604/afr1606040002-n1.html
(引用報道は以上)

以上
戻る