官邸メール詳細
テーマ
【号外636】 6月5日川崎市中原区デモにおいて反対派の違法行為について
ご要望
2016年6月5日

内閣総理大臣殿
国家公安委員長殿

政府、国家公安委員会に置かれましては、日々国民の治安維持のためにご尽力いただきましてたいへんありがとうございます。

さて、6月5日川崎市におきまして「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」施行直後のデモ行進が計画され、話題となりました。
この件について要望があります。

計画されたデモは反対派の行為により中止されたと報道されている。
一国民として、双方が暴力行為に至らなかったことには安堵している。
しかしながら、インターネット上での写真や動画を観察したところ、デモ反対グループは違法な実力行為によりデモを阻止した疑いが強い。

要望:
デモ反対派の行為は憲法と道交法に違反した疑いが強い。
法に基づき厳正なる行政の執行を要求する。

根拠:
憲法第21条(表現の自由)
道交法第76条第4項第2号(禁止行為)
道交法第77条第1項第4号(道路使用の許可)
道交法第118条(罰則)
道交法第119条(罰則)
道交法第123条(罰則)

以上
戻る