官邸メール詳細
テーマ
【号外746】 公務員の職員団体(労働組合)廃止について
ご要望
公務員の労働組合である職員団体は、政治活動団体へと成り下がっている。これは今に始まった事ではないが、本来やるべき職務を放棄し、組合活動に奮闘し、自民党政権批判と民主、共産、社民等の野党政権樹立の為に躍起になっている姿は果して公務員としてふさわしいだろうか。本来、公務員は国家・国民の為に尽くすのであって、自分達に都合の悪い政権を転覆させる為にあるのではない。
よって、公務員の組合ともいえる職員団体は廃止し、自衛隊や警察、消防等と同様に労働三権は認めないようにする公務員改革を要望する。
戻る