自民党メール詳細
テーマ
【号外218】 早急に年間永住者も制限および許可の厳格化を求めます
ご要望
現在、日本では、一般永住者が727,111人もおり、犯罪率の増加や教育現場の崩壊など様々な社会的弊害をもたらしています。
このままだと、永住者が実質的な移民となり、将来の日本に多大な被害をもたらす事は目にみえております。
このことは、日本に暮らす善良な外国人の方に誤ったイメージをいだかせる原因ともなり、早急に対策が必要です。
よって、永住許可の厳格化と年間の永住許可数に制限の強化を求めます。
例
貯金が3000万円以上あること。
年間の永住許可数は上限を一万人と定める事また、日本国内において犯罪「軽度も含む」および反日、反社会行為を行った場合、永住の許可を取り消しなおかつ、一生日本に渡航できなくすること。
収入は最低でも800万円以上ある事。
過去に軍隊に所属していた経験がないこと。
身心ともに健康であること。
過去に母国での犯罪歴がないこと。


参照
ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E8%88%AC%E6%B0%B8%E4%BD%8F%E8%80%85 一般永住者
戻る