自民党メール詳細
テーマ
【号外832】 視聴率調査、テレビ広告枠における独占禁止法違反の調査の要望
ご要望
1
現在、株式会社ビデオリサーチは、視聴率調査を一社で独占しており、下記サイト等に“ニールセンが撤退させられている”というような表現があります。ニールセンが日本の視聴率調査市場から撤退した経緯等のヒアリング、撤退時などでの不当な取引制限の有無、現在における私的独占など、独占禁止法違反の疑義について、調査をする必要があると思います。
下記の調査をお願いします。
千代田区三番町6-17 (株)ビデオリサーチ 秋山 創一

参考:
元電通マン 藤沢涼のブログ(マスコミの真実>2013年12月3日)
http://fujisawa-ryo.com/
「電通 洗脳広告代理店」 苫米地英人 著

2
下記文献に、「電通の広告扱い高が、どのキー局を見ても、総売上高の40%近くを占めている。公正取引委員会も注視しています」とあります。
株式会社電通は関連会社の一社独占の株式会社ビデオリサーチと共に、ビデオリサーチの視聴率データを根拠資料として使うことにより、取引価格の釣り上げが可能であり、不公正な高値での取引、優越的地位の濫用、私的独占の疑義について調査する必要があると思います。
下記の調査をお願いします。
港区東新橋1-8-1 (株)電通 石井直
千代田区三番町6-17 (株)ビデオリサーチ 秋山 創一

参考:「電通の正体」 週刊金曜日取材班  著
戻る