自民党メール詳細
テーマ
【号外319】 重要データ保管場所に対EMP攻撃用の防護を備えよ
ご要望
北朝鮮が声明を出したMP攻撃は、高高度核爆発で電磁パルスを発生させた際に地表へ降り注ぐガンマ線で、広範囲に渡る
電子制御機器ことごとくを破壊する。
EMP攻撃は、あらゆるインフラが電子制御された現代社会へ致命的な影響を及ぼす。放送や鉄道、電気、水道、ガス、交通制御、
金融機関の設備その他諸々が長期にわたり利用不能になるのだが、日本は対策が進んでいない。
www.sankei.com/world/news/170903/wor1709030041-n1.html

国内の重要データセンターに多層防護機構を早急に設けねば、国民の生活に著しい不便が生じるだけでは済まない。レーダーも
通信も機能しないのだから、為すすべなく外国の軍の侵攻を許す。
可能ならばバックアップも物理的に多層・分散化し、攻撃があった場合は直ぐにでも復旧できる態勢を早急に整えねばならない。
戻る