自民党メール詳細
テーマ
【号外331】 飛び級制度の創設を求める
ご要望
現在の日本には、飛び級制度が法的に認められていない。高校から大学や、大学から大学院への飛び入学は一部で認められているが、
進路選択や期間短縮が柔軟ではなく、また飛び入学は中退として扱われるため、制度として不十分である。
このように飛び級が日本で進んで実施されない状況では、知識が身についている学生にとっては非効率的であり、
日本社会での優秀な人材の出現と活躍が妨げられ、人材が海外に流出してしまう。
現に海外の大学を卒業した日本人がそのまま外国で就職してしまったり、外国で職を得て外国で家庭を築いた人が
優秀な子供が飛び級制度がない日本で教育を受けさせるのを不満に思い帰国しないケースが一定数ある。
これは長期的に見て、科学などの分野で日本の競争力の低下を招く恐れがある。また、飛び級制度がないために、
大学を卒業する年齢が固定され、新卒一括採用など人材を年齢だけで画一的に判断してしまう状況を間接的に醸成している可能性もある。
このような過剰な年齢主義は、企業が人材の能力を正当に判断することを妨げ、優秀な人材を積極的に活用できず、
不合理かつ非効率的であるのみならず、雇用の流動性も下がる。
したがって、飛び級制度の創設は、経済の観点から見ても有益である。したがって、政府は飛び級制度を創設すべきである。
戻る