自民党メール詳細
テーマ
【号外399】 帰化条件の厳重な改正、在留・永住者人口の規制を求める
ご要望
日本国は初代神武天皇の東征から遡りますと、他民族を受け入れ和合、同化してきた歴史がありますが、
同化されない勢力の人口が増えた時には動乱が起き、数多くの犠牲を払って来た歴史の連続でもあるのではないのでしょうか。
戦後、国のあるべき姿が変わっている中で、立法や改正の妨害、改正という改悪、時代の流れに法が追いつかず、
現在に於いても、在留外国人、同化されない帰化人により、沢山の日本人の命が失われ続け、
又、国益、国力も蝕まれている状態は一刻も許されない事態であり下記事項を要望致します。

一、2012年、民主党政権時に、国民の殆どが知らない状態で帰化条件が5年と大幅に緩和されたものを早急に元の20年に戻す。

一、二千年以上の歴史、わが国本来の國体のあり方、国際化時代の未来の展望などを踏まえ、
明治以降の帰化制度、永住権制度という法の在り方を検証し直し、
例えば、帰化は日本人と婚姻した者に限る、国防動員法のある国の入国は認めない、在留者の人口は日本人人口の1%までなど、
在留外国人、不逞帰化人その子孫による犠牲者をこれ以上出さない早急な法整備を要望致します。

一、偽装結婚、偽装養子縁組み、背乗り、夫婦別姓など、不正防止の法整備を要望致します。
戻る