自民党メール詳細
テーマ
【号外432】 集団的自衛権妨害排除:日本の防衛と国家存立を妨害するテロ行為の国際テロ指定
ご要望
アメリカ軍と日本の自衛隊による日本国の防衛を妨害し、韓国人、中国人と極左でテロ行為や、沖縄県人の洗脳、扇動プロパガンダを行う翁長沖縄県知事と沖縄タイムス、琉球新報を国際テロ指定、国際テロ団体とするように米国と協議を行うように要望します。
テロ指定は米国で登録し、それを受けて日本国のテロ三法で確実に取り締まり処断できるように強く要望します。

1.沖縄基地問題対応を従来法で対処するとしたら
日本国での刑事犯的な犯罪者摘発ではもぐらたたきとなり根本的な対策になりません。
また、日本国内でテロ指定すると、法案適用のハードルが左翼の日弁連などの抵抗があり高すぎて指定そのものが腰砕けになる可能性があります。
しかしながら、日本国として沖縄問題はもはや一刻も早く、速やかに解決する時期と考えます。

2.対策案:これを一気に解決する方法として
(1)「米国の大統領令にて日米安保の妨げになるものは国際テロ行為・団体と指定する」としてしまう。
(2)日本国としては国際テロ指定された者、テロ指定団体は自動的にテロ三法でスライド指定する。
(3)沖縄問題を一括処理できるので法案適用が速やかにできると考えます。

飛躍した考えかもしれませんがぜひ一考願いたいと切望いたします。
戻る