自民党メール詳細
テーマ
【号外449】 大学入試センター試験出題教科・外国語科目から中国語、韓国語の廃止を要望します
ご要望
センター試験は大学入試センターが実施する全国規模の統一入試であり、
この試験の結果を用いて、国公立大学の一次試験、私立大学のセンター利用入試が行われています。
近年では私立大学のセンター利用入試が増加していることもあり、
大学受験者にとり、センター試験を受けることは必須といってもよい状況です。
センター試験では開始当初、共通一次試験と同じく英語・ドイツ語・フランス語の3ヶ国語で行われていましたが、
1997年度からは中国語を、2002年度からは韓国政府からの要請により、小泉政権下に韓国語が導入されました。
外国語科目について、日本語を母国語としない特定の国に配慮した現行の入試制度は日本国民の子弟に対する差別です。
そもそも他科目は日本語で設問されているため、日本人向けの試験であることから、履修科目にない言語の試験は不要です。
また、言語間で平均点が異なり、とくに韓国語は他と比べて平均点が高いなど不公平な結果になりがちです。
日本語で読み書きできないなら留学生として入学すれば事足ります。
即刻、外国語科目から中国語、韓国語を廃止することを要望します。
戻る