自民党メール詳細
テーマ
【号外516】 江東区に建設された在日韓国人専用介護施設「故郷の家」に反対する
ご要望
多くの反対があったにも関わらず、江東区塩浜に建設された在日韓国人のための介護施設「故郷の家・東京」は東京都が8億もの
補助金を出し、野中広務、鳩山由紀夫元首相等が参列し、着工式まで行われた。
「故郷の家」は東京以外に既に大阪・京都・兵庫に施設があり、社会福祉法人こころの家族により運用されている。
施設は「在日韓国老人ホームを作る会」という任意団体によって寄付が募られ、今後も東京に更なる「故郷の家」が建設される
可能性もあり、また、他の場所に新たに建設される事も予想される。
なぜ専用の施設を建設する必要があったのか。これは日本人に対する逆差別であり、なぜこのような施設の建設が
各地の自治体で許可されたのか、補助金を出す必要があったのかを国に問うものである。
今後同様の施設の建設許可を出さない事、既に運用されている施設についても見直しを行う事を強く要望する。

参考:http://www.christiantoday.co.jp/articles/15592/20150319/kokyo-no-ie.htm
http://www.kokorono.or.jp/
戻る