自民党メール詳細
テーマ
【号外868】 日本語、数字、アルファベット以外の外国語表記の車両ナンバーの走行を中止するよう要望します
ご要望
外国語表記の車両ナンバーの車両は、日本の厳しい車検制度を合格していないため、国内においてその車両の品質・安全性が担保されていません。
条約、条文、互い国の取り決めがあっても、空港に放置された事故航空機、日本領海で座礁した船舶などにみられるように、事故車両となった時など、自己の責任とコストにより、車両を放置しないという保証はまったくありません。
外国語表記の車両ナンバーの車両の運転者が対人・対物の任意保険に加入し、実際的なリスクの相応の負担が担保されている保証もありません。

外国語表記の車両ナンバーの車両を運転する者は外国人であると思われるため、国内における運転技術にも不安があります。
外国人ドライバーの人身・物損事故リスクに対応した、過不足のない適度な任意保険への加入は、諸外国の人々においては現実にはなされていないと思います。事故を起こした場合、本国への逃亡、被害者の泣き寝入りなども十分考えられます。

また、日本の義務教育には国語(日本語)、算数があり、外国語として英語が採り入れられています。
したがって、基本的に日本国民は日本語、数字、アルファベット(英語)以外の外国語表記の車両ナンバーは読めず、認識することができないため、非常に危険です。
国内での日本語、数字、アルファベット以外の外国語表記の車両ナンバーの走行を中止するよう要望します。
戻る