自民党メール詳細
テーマ
【号外582】 外国人の国民健康保険加入制度を至急見直してください
ご要望
最近、東京などに外国人、とくに中国人の妊婦が大挙してやってきて、3か月だけ日本に滞在して国民健康保険に堂々と加入したあと母国で子供を産んで、一人あたり60万円の出産費用を日本からただでかすめ取る事例が後を絶ちません。
また、中国人の妊婦が外国の保険制度にただ乗りしようとする動きは日本だけではなく、米国でも深刻な問題となっています。
米国籍取得目当てで渡米し、現地で子供を産もうとする中国人妊婦も大勢います。
毎日のように尖閣諸島への侵略を繰り返している中国は我々日本国民にとってもはや敵国でしかありません。敵国の人間を殖やす行為のために、なぜ日本国民が高い医療保険税や消費税を支払わなければならないのでしょうか。
来日した外国人がすぐに日本の国民健康保険に加入できるのは大きな問題です。
至急見直していただくようお願い申し上げます。
戻る