自民党メール詳細
テーマ
【号外645】 ストーカー規制法に関する要望
ご要望
現在のストーカー規制法では取り締まれない犯罪があります。
それはターゲットになった者を集団・組織的に付け回し嫌がらせを行ない精神的に追い詰め自殺、精神病、社会的抹殺に追い込む手法の犯罪です。
宗教団体、反日組織が敵対する者に集団でつきまとい嫌がらせを行ったり、企業が社員をリストラする目的の為に組織的に嫌がらせをし精神的に追い込み退社させるという事件が実際に起こっています。
現在のストーカー規制法では恋愛感情が伴わないと「つきまとい等」に該当しないようになっています。
しかし恋愛感情がなくとも、加害者側の利益、怨恨などの理由での嫌がらせは存在しています。

「つきまとい等」の該当条件を恋愛感情を伴わなくとも集団・組織的な嫌がらせ行為も該当するようにストーカー規制法の変更の検討をお願いいたします。

今ストーカー犯罪は進化、多様化しています、恋愛感情の有無が該当条件になってしまうのはあまりにも無意味だと思います。
アメリカではTV番組でも話題として取り上げられており現在この犯罪行為を取り締まる法整備が進められています。

今現在も組織的に嫌がらせを受け精神的苦痛を強いられ必死で堪えている被害者が数え切れないほど沢山います。
早急に検討をお願いいたします。
戻る