自民党メール詳細
テーマ
【号外720】 債権管理業務の会社の実態調査と、認可条件の厳しい見直しの要望
ご要望
法務省が認可した債権管理業務の会社の実態調査と、認可条件の厳しい見直しをお願いしたいと思います。
特にサービサー(債権回収会社)の存在意義を根底から覆すような会社の存在もあるようです。
資本母体や系列会社に反日勢力との繋がりが見出だす例もある。

弁護士が大きく関与する法務省認可の債権回収業務に、国防動員法のある国の民族が参入する事は、国益に反する異常事態。
検察庁は実態調査と条件改正を行い、テロ資金根絶と、
[ 融資 → 貸し剥がし → 債権回収業務 → 競売 → 不動産融資 ]、のループの核にあたるサービサー業界の実態調査をすべき。

警察が管理指導の椅子に座る法務省認可の債権管理業界の実態調査と、認可条件の厳しい見直しをお願いします。
戻る