自民党メール詳細
テーマ
【号外722】 靖国爆破テロ事件の犯人引き渡し要求の件
ご要望
新嘗祭の折、靖国神社で爆発があった事件をマスコミは「爆発音があった事件」と矮小化して伝えていますが、
実質的な爆発が起こっており、時限発火装置付きの爆弾を使用して不特定多数の殺傷を狙っている事からもテロ事件として扱うのが妥当だと考えます。
ましてや今回は小さい子供も含めて大勢の人間が集まるタイミングでの犯行であります。

併せて、これは日本を守るために命を賭した英霊を祀る神社を爆弾で潰したという許しがたい性質のものです。
天皇陛下侮蔑発言に続き、またも日本人の触れてはならぬ領域に土足で踏み込まれました。
すでに国民の我慢の限界を超えています。

宿泊ホテルや韓国に脱出したフライト便も特定されているとの報道から、当然犯人特定も済んでいるはずです。
韓国政府への犯人引渡し要求を強くお願いいたします。
過去の事例から韓国政府が引渡しを渋る事が十分予想されますが強い姿勢で交渉に臨んでいただけるよう切にお願い申しげます。

国民は怒っています。
戻る