自民党メール詳細
テーマ
【号外742】 言論弾圧に悪用される「ヘイトスピーチ」キャンペーンの中止の要望
ご要望
法務省人権擁護局の「ヘイトスピーチ、許さない」キャンペーンポスターを掲げ、「しばき隊」一派が、保守系デモを妨害する様がたびたび目撃されています。

保守系デモは、もちろん憲法で認められ、正式な手続きを経て行われてるのですが、対するカウンター側の「しばき隊」一派は、その暴力行為において、過去何度も逮捕者を出しており、カウンター行動も無許可です。
法律を守って、権利を行使している保守デモ参加者に罵詈雑言を浴びせる「しばき隊」が、法務省のポスターを掲げているのは、「しばき隊」の不法行為は法務省人権擁護局のお墨つきということでしょうか?

法務省人権擁護局が進める「ヘイトスピーチ」が何を指すのか分かりませんが、現在保守系デモ現場で見られる風景は、不法者が、自分たちの気に入らない言葉を、批判を、保守系日本人たちを、「ヘイトスピーチ」というあやふやな言葉でレッテル貼りし言論弾圧し、挙げ句に気に入らない者には暴力までも見舞う、恐ろしい姿です。

法務省は「ヘイトスピーチ」キャンペーンを彼らに悪用させるために行っているのではないでしょうか?
そうでないのであれば対策を願いますし、エスカレートする悪用を止められないならば、レッテル貼りでしかない「ヘイトスピーチ」キャンペーンは辞めるべきです。
戻る