余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-12-08 09:56
1357 東京地検返戻文書の疑問17(0)
引用元のソース

日之本一平
RPJ
余命様・スタッフ様、いつも御苦労様です。想定内とは言え、あまりにもお粗末な地検の対応と思いますが、皆さんが色々と宿題の解答をアップしているので、違ったアプローチをしてみました。いくつかの単語を置き換えると、そっくり今年6月の川崎デモ隊とヘイトスピーチ対策法の関係になりそうです。以下に記します。元の東京地検返戻文書と共に、読み上げ動画も作りました。また先日の「兵庫県の片田舎に住む者」さんの「余命三年時事日記いろはカルタ」を読み上げた動画もアップしてあります。骨休めにいかがでしょうか。

【川崎デモ隊返戻文書】
 貴殿から叫んでいただいた川崎デモ隊ヤジには「レイシスト」との表現がありますが、日本共産党への糾弾デモに対しレイシズムと断定して捜査及びデモ隊の処罰を追求する場合、単なる過去の発言の申告のみでは足りず、ヘイトスピーチ対策法が定める構成要件に該当する現在の事実を具体的に特定し、かつ、その事実を具体的な証拠によって疎明していただく必要があるところ、川崎デモ隊へのヤジには、それらの要因がありません。
 またヘイトスピーチ対策法とは憲法で保障されている表現の自由との兼ね合いにより、予備や未遂についても過去の発言等のみを捉えて適用するような法律ではなく、更にはレイシズム表現から導かれた、かなり具体的な少数民族への暴力行使(威嚇行為)の事実(もしくは暴力行使しようとした事実)との因果関係の証明が必要となります。
 よって、これまで叫んでいただいたデモ隊へのヤジは当方において受容することはできませんのですべて返戻いたします。
【いろはカルタ】
ttps://youtu.be/73iwGw2m1Ug
【東京地検返戻文書】
ttps://youtu.be/m6kckK8X1NE
【川崎デモ隊返戻文書】
ttps://youtu.be/LPZILBMn27E

田舎ママ
加藤清隆さんの動画を見ました。加藤さんがご存知ってことは「そこまで言って委員会」のメンバーの皆さんもきっとご存知のはずですね。
百田さんも知っているようですし、表に出さないだけで保守系有名人に実はかなり浸透しているのではと思います。でも最近加藤さんの出番が少ないような・・気のせいですかね?

もぐら
他省庁また聞き齧り事で恐縮ですが、厚労省の場合、その監督を受ける側が法律に定められた認可申請を行う際には、全国に所在する地方厚生局に申請書類を持参すると担当窓口で受け付けてもらえます。東京都の管轄ですと、さいたま新都心にある関東信越厚生局に持参します。
 申請書類に係る発番を○○発第○○号として取り、その旨を申請書類の表紙標題右上部に記載し、全く同じものを二部作成します。発出簿にも一番から順に番号を付しており、同じ番号の欄に標題等を記載しておきます。持参した窓口で一部を提出し、一部には日付入りの受付印をいただき持ち帰ります。
 後日、厚生局より認可書が送られてきたら日付入りの受付印を押印して番号を付し、収受簿の同じ番号欄に認可された旨を記載します。
 認可書は内部決裁に回して上司の決裁印をもらい、先に持ち帰った申請書類に添付して永年保管し、監督庁による監査の際には提示することになります。
今回の告発に係る東京地検(法務省)対応がどうなるのか、今後の推移を見守っています。

優游涵泳
一連の返戻騒動に関連致しまして、皆様には今一度再確認し認識して頂きたい事が御座います。
 そもそも、『外患』とは「外国や外部からの圧迫や攻撃を受ける恐れ」を意味し、現に外国や外部からの圧迫や攻撃を受けている状態を意味していません。
つまり、刑法第三章の外患に関する罪に記述されている罪は「外国や外部からの圧迫や攻撃を受ける恐れ」を罰する事を目的として成立しており、「外国や外部からの圧迫や攻撃」を受ける前の未遂を罰する規定です。
 刑法第八十一条の外患誘致は、外国からの侵略と言う目的を達成する前の未遂の段階で死刑に処すると言う非常に厳しい罰則です。
これは外国からの侵略と言う目的を達成した時点で日本国の法令はおろか憲法に至るまでその効力を失う事を理由とし、その効力が有効である段階で処罰しなければならないからです。
 つまり、法の本来の意味合いから解釈すれば、竹島や北方領土が侵攻されている時点で、日本国憲法の効力の及ぶ地域に居る反日勢力は、尽く刑法第八十一条の外患誘致が適用可能であったにも関わらず、今まではお目こぼししてやっていただけと言う事を、皆様には強く再認識をお願いしたい所です。
 例えば殺人罪ならば被害者が死んだ時点で成立し、死に至らなければ未遂として殺人罪と比較すれば減刑されるのに対し、刑法第八十一条の外患誘致は未遂にも関わらず死刑です。
 竹島や北方領土が侵攻されて、我が国の領土であるにも関わらず日本国憲法の効力の空白地帯が生まれている時点で、法的に反日勢力は刑法第三章から逃れられない状況にあります。
 法を正しく解釈すれば、民進、共産、社民、公明、生活、韓国民団、朝鮮総連に与する者全てが、死刑か2年以下の懲役に処せられて然るべきなのです。
つまり皆様方には、「刑法第三章に処す事が出来るかな?」では無く「刑法第三章処さなければならない」と言う確固たる信念を基に、あらゆる活動に従事して頂きたく思います。
これは、自らが寄付金だけ云々、委任状だけ云々では無く、法に定められた規定をただ遵守する様促すだけの事ですから、それを訴える事は権利以前の義務にあたる事柄で御座います。

たなやん
余命様、皆様、たなやんです。
東京地検の回答、読んだ感想の続きがあります。
「事実の申告のみでは足らず・・」後の文章、返戻の直接理由、「事実を具体的に特定、証拠によって疎明していただく必要がある、記載がありません。」までの部分ですが、これは地検が、{余命側は、何か情報をもっと持っているのではないか、}と探りを入れに来たのではないか、と考えました。
 全文後半の部分は、外患罪についてサラリと述べているだけで返戻理由とは直接繋がりは有りません。(この内容も私には少し不満ですが。)
 つまりこの回答書は、地検が大和会、余命がどのような組織、思想を持っているのか、どう反応し対応するのかを探りに来た回答書なのではないかということです。
 しくじりになっても「公的証拠としては全く使えない代物。」だから追求される恐れはあるけれど、組織には影響は少ない。また地検はこの余命ブログを分析し、研究しているはずです。
 前例のない告発ですから、内部でも様々な意見が出ているでしょうが、地検が告発受理した場合は大和会、余命ブログへ捜査協力(情報提供)を求めてくる可能性までも考えられます。
 告発の事実、外患罪を否定していないことから、タイミングは分かりませんが、現時点では告発受理の脈はある、と感じています。

おかちゃん
党首討論での蓮舫や志位を見て、はやく消えてほしいなと再確認しました。
蓮舫の醜いニヤケ顔は見ていて不快でしかなく、総理に対する失礼な発言は全て自分へのブーメランと言う頭の悪さ。
さっさと外患罪でさよならしてほしいです。

正義のななし
高天原 正様
数々の書籍を著し、かつ人気保守ユーチューバーでもあるkazuyaさんに地検や検察庁がなかなか外患誘致罪告発のために動かないという現状を変えてもらいたいというお気持ちはよくわかります。
しかし、彼は顔出しをして動画出演しています。これがどれだけデリケートで危険なことかもご理解いただきたく思います。
顔出しをしている人気ユーチューバーはすぐに自宅まで割れてしまうことも珍しくありません。
はじめしゃちょーさんも自宅をファンに探られてしまいましたから。
 kazuyaさんだって青林堂で本を出していたり、ジャパニズムで執筆とかもしていますから、余命ブログのことを知らないはずはない、と私は思います。
でも、彼があえて余命関連のことを動画で取り上げないのは、取り上げるとユーチューブでのトラブル、ひいては命の危険につながってしまうからなのではないでしょうか。
 もし今、kazuyaさんが余命ブログの外患誘致罪告発のことを動画で取り上げようものなら、どうなると思いますか?
 大勢の在日やパヨクが目の色変えて彼のもとに押し寄せてきて、暴行や集団ストーカーなどのあらゆる手段で抹殺しようとするかもしれません。
 自殺に見せかけて命を奪ってしまうかもしれません。
 我々日本人が思いもつかない、ハリウッド映画の悪役のごとき残虐非道な犯罪を平然と地で行ってしまうのが在日と反日勢力です。
 連中の脅威をなめてかかっているととんでもないことになります。
 我々は決してkazuyaさんなどの人気保守ユーチューバーに無理な要求をしないよう、極力気をつけなければなりません。
大切な保守論客の方を失っては、日本の大きな損失になってしまいますから。

岡山の田舎者
レス違いで申し訳ありません。
たぶん東京では流されていない、読売テレビ、日曜日放送「そこまで言って委員会NP」がネットで見れます。
「ytv MyDo!」検索してください。
 余命実行者・愛読者には物足りないかもしれませんが、お花畑の皆さんを覚醒さすには、手っ取り早いです。
 委任状-6通しか送っていません。「今後、何件位告発します」とお教えいただけたら、その枚数送ります。
寒さが厳しくなりつつあります。
余命さま スタッフさま 関係者さま ご自愛くださいませ。

てーけー
いつもありがとうございます。
ミズポかポローリンの2択ですか…。
 一般人の知名度はミズポですが、もうパワーがないので反日側のダメージは少ない、見せしめ感。
ポローリンは現在進行形で色々してるので北的にはポローリンがダメージ大、近いとされる衆院選にも影響する。
ポローリンかな?

桂小太郎
12月にガサ入れされたようです。少しずつ効いてきている?!‬

‪神奈川県警への抗議声明文 – 川崎反ヘイト学生救援会 – Yahoo!ブログ ‬
http://blogs.yahoo.co.jp/anti_hate_kyuen/36575311.html ‬
 私たち「川崎反ヘイト学生救援会」は、神奈川県警による学生に対しての「器物損壊容疑」を理由にした不当な任意出頭要求・家宅捜索に抗議し、本声明を公表します。
 発端となったのは、今年6月5日に行われた「川崎発!日本浄化デモ第三弾」に対する抗議行動です。デモ名が一例を示すように、在日外国人が多く居住する川崎市では、とりわけ外国人居住者の集中する地域を標的とした差別扇動行為(ヘイトスピーチ)が繰り返されており、これに反対する多くの市民が抗議行動を続けてきました。私たち学生も、民主主義社会でのヘイトスピーチの蔓延を許してはならないという意思のもと、抗議行動に参加してきました。こうした草の根によるヘイトスピーチへの批判的な世論は次第に全国的な高まりを見せ、6月5日には市民の抗議の中、行政指導のもと主催者がデモの中止を決定するという結果に至ります。
 ところが10月、突如神奈川県警は抗議に参加した一学生に対して、器物損壊を被疑事実とする任意出頭要求や実家への訪問を再三にわたって行い、12月には学生の居宅を捜索するという行動に出たのです。警察の主張する被疑事実はまったくの虚偽であり、当学生が嫌疑をかけられるいわれはありません。にもかかわらず、不相当な理由に基づいて捜索を行い、学生の私物を押収した神奈川県警の行為は暴挙というほか無く、到底許容できるものではないと言えます。
付言すれば、近年日本国内では通称「ヘイトスピーチ解消法」の制定・施行を代表に、ヘイトスピーチを繰り返す団体に対する社会的包囲が形成されてきました。こうした状況の中で、ヘイトデモ側の言い分を根拠に嫌がらせにも等しい「捜査」を行う神奈川県警は、まさしく社会に逆行するものであり、反差別街頭運動を不当に抑え込んでいるという糾弾を免れえないのではないでしょうか。
 先日、沖縄・高江における機動隊員の「土人」発言が問題になりました。鶴保沖縄・北方担当相による擁護と、それを承認する閣議決定は耳目に新しいことでしょう。また、ヘイトデモに対する過剰警備や、抗議側への過剰規制はたびたび批判されてきました。今現在問われているのは、警察が持つ立場性に他なりません。警察組織は直ちに、差別に対する立場を明確にする責任を負っていると考えます。
 私たちは上記のような、神奈川県警による不当な捜査の執行に強く抗議します。神奈川県警は、直ちに事実の基礎を欠く捜査を中止し、押収品を還付するとともに、当該学生に対して謝罪せよ。また差別・排外主義に断固反対し、ヘイトスピーチ解消に向け尽力する旨の声明を発表せよ。

.....6月5日デモの関係では神奈川県警だけ告発していないから、何かやらなければ危ないと思っているのだろう。今の流れでは再告発は必至だからな。「川崎反ヘイト学生救援会」なんて組織があることは知らなかった。これもプロ市民なんだろうな。

まかろん
悪魔の提唱者?とかブログは見る気にもなれませんが、わざわざ余命様がUPしてくださったものは読みました…笑いますね
色々突っ込み所はありますが、ガラケーで一々元話を見ながらは書けないので、記憶にあるだけで…
まず、「キチンと働いている方」をボランティア扱い…はあ?ですね
沖縄プロ市民サクラの日当(元々の生活費は日本人血税連中)と、お給料を同じ目線で語る所が…まともに働いてない証拠な気がします
 また、余命本で印税入っても、余命様が自らの贅沢の為でなく日本再生の為に遣ってる事はブログ内容読めば判るのに、わざわざ「矛盾」とか(笑)頭良く見せようとして失敗、自爆
でもこういうので今までは日本人を騙せてたから、未だにやってるんでしょう
日本人が嘘や矛盾に敏感な民族だと解っての内容でもありますね、陳腐だけど
 なら自分達も毎日毎日をキチンと真面目に嘘偽り無く暮らせば良いのに、何故しない?(呆)
コイツ等の性根が腐ってる証拠でもあるし、私から見たら良い朝鮮人が居ない証拠でもある(良い定義が、精神か頭か、で違いはあるが)
居たらこんな反日バカ連中、抹殺してると思う
「まともに」生きてる在日(居るのかは不明)とやらが生きにくくなるだけでしょうに…憐れ
何にせよ、毎日大変な思いで余命様やスタッフの方々、愛国活動者の方々が動いているのがよく解ります
ありがとうございます
どうかお身体には気をつけて、ご自愛してお過ごしくださいませ
つまらない事を、また書き込みして申し訳ありませんでした

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト