余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2017-01-20 13:23
1496 2017/1/20アラカルト(0)
引用元のソース

正義のななし
アパホテルへの圧力の件で補足です。
保守速報の記事
【速報】冬のアジア大会組織委、アパホテルに本の撤去打診  →アパ「撤去しない」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48782707.htmlhttp://hosyusokuhou.jp/archives/48782707.html
のコメントにもありますが、この件は時事通信とNHKの飛ばし記事の疑いが濃厚です。
アジア大会組織委員会はアパホテルに南京事件を否定した本の撤去を打診していないとのこと。
もしこれが本当であれば、組織委員会よりも時事通信とNHKの外患誘致罪案件がまた一つ増えたことになりますね。

かるくん
ご無沙汰しております、余命様。
以前安倍大統領の件で顰蹙をかったものです。
 一昨日、東住吉区役所付近で回送中の市バス側面に、金剛学園の広告がありハングルも書いてありました。見たくもありません。大阪市交通局も外観誘致罪で告発してください。

白狐
余命様
いつもご苦労様
 今回 時効について疑問を呈された方の文章を読みアレと思いました。余命様の言われている「外患罪に時効はない」の説明に納得しました。
「在日外国人への憲法違反生活保護費支給や朝鮮人学校補助金支給という犯罪行為を停止して、日本人の生活保護やその他の社会保障にまわせば大幅に自殺者を減らせるとは思わないかね。人を死亡させた場合とは直接、凶器による殺人とは限らないのである。」とあるように 世の中を乗っ取り意図的に日本人の生活を邪魔し蚕食する。これは まさに日本人を殺していることと同じではないでしょうか。
 そういう意味では反日=無罪とかは、やはりLYZAKの主張は日本を乗っ取るために行っているものであり、それをやるなら自分の国に行ってやってほしいと思うのが当然。 スヒョン文書に見られるようにいかに日本人を騙し洗脳していくかが生活の糧になるようでは困ります。自分の国では生活できないので他所の国にきてだまし取っているこの実態をわかる事が大事です。やはり外患罪に時効はないです。

たぬき
第119回国会 国際連合平和協力に関する特別委員会 第5号
平成二年十月二十九日(月曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/119/0730/11910290730005a.html
○山口(那津男)委員(公明党)
 共犯との関係はひとまずおいて、外患罪というのがあります、外患援助罪。これはどういう規定かといいますと、外国からの武力行使があったときに「之ニ与シテ其軍務ニ服シ其他之ニ軍事上ノ利益ヲ与ヘタル者」、これは重罰に処せられる、死刑以下とあります。その軍事上の利益を与えた者というのはどういうことを言うかといいますと、武器、弾薬、糧食、医薬品などの支給、運搬、軍事情報の提供、部隊の誘導、兵員の輸送、このような外国の武力行使に有利な有形無形の手段の供与一切を言う、こういうふうに言われているわけです。これは一般的な理解ですよ。
 そして、さらに共犯との関係でいえば、共同正犯というのはまさに正犯、武力行使をやった者と同じように評価されるわけです。どういう場合かといえば、武力行使が実行行為だとすれば、それをやることがわかっていて同じ目的のもとに協力した、支援した、こういうことになるわけですよ。だから、一体性という考え方を仮に言い張るのであれば、そのように理解するのが極めて筋の通った、素直な理解だと思いますが、いかがですか。

第119回国会 国際連合平和協力に関する特別委員会 第8号
平成二年十一月五日(月曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/119/0730/11911050730008a.html
○山口(那津男)委員(公明党) 弁護士のお三方と山口先生にお伺いいたします。
 刑法には外患援助罪という規定がありまして、この規定によりますと、我が国に武力行使をなす勢力に軍事上の援助を与えた者は死刑以下の重罰に処す、こういう規定であります。この軍事上の援助というのはかなり幅広く理解されておりまして、武器弾薬はもちろん、糧食、医薬品あるいは兵員の運搬輸送、軍事情報の提供等に至るまで広く処罰の対象となっております。こういう規定が我が国に存在する、そして平和憲法のもとに法体系ができ上がっている、こういう立場に立ちますと、この協力法が多国籍軍等の後方支援ができる、こう政府は解釈しているのですが、果たしてこれが整合性がありや否やという点について御意見を伺いたいと思います。
○山根喬君(弁護士) 外患援助罪というのは刑法の八十二条に規定されていますが、これは「日本国ニ対シ外国ヨリ武力ノ行使アリタルトキ之ニ与シテ其軍務ニ服シ」云々と、やはり武力の行使があったときに処罰されることを予定している。後方援助が武力の行使と一体になるかどうか、あるいはそれに関連するかどうかということは非常に難しい問題だと思います。私は、通信だとか医薬だとかそういうものを提供すること、これはやはり武力の行使には直接には関係がない、そういう直接に関係のないような配慮をしてこの法案をまとめているのではないかなというふうに思います。
ちょっと直接のお答えにならなかったかもしれませんが……。
○浅野元広君(弁護士) ちょっと、頭が悪いせいか、質問の趣旨がひとつわかりづらい点もあるのですけれども……。
○山口(那津男)委員(公明党) では、もう一度補足して言いますが、この外患援助罪、予備罪等も処罰しているわけですね。つまりこれは国外犯、外国で行っても、あるいは行う人が外国人であっても処罰する、こういう規定なんですね。あらゆる人々にどこでやってもいけないと我が国が言っておきながら、我が国が多国籍軍に協力することはいいですよという今回の協力法案になっているわけですね。これが平和憲法等の趣旨から法体系の上で整合性があるのかどうか。私はないと考えているわけですが、その点の御意見をということであります。
○浅野元広君(弁護士) その前提の、外国による武力の行使が日本国に加えられたる場合というその要件を満たしているのかどうかという問題であろうというふうにさしあたり考えます。
 それで、この関係が問題になり得るとすれば、強いて言うならば、さっき私の意見の中でも述べましたけれども、協力隊に対する攻撃があった場合に、いわば協力法とは別次元で、本来の自衛権行使が仮に認められるという立場に立てば、協力隊に対する攻撃それ自体が外国による武力の行使だということで、今の質問とはちょっとまた別なことになってきますけれども、外患に関する罪の適用という問題は論理としては出てくるのかなという気がいたします。
○越前屋民雄君(弁護士) 山口先生御指摘のとおり、私もやや整合性を欠く嫌いがあるのではないかなという感じを受けます。
 刑法のその条項は、我が国、日本の国益を保護すると同時に、国際関係を破壊する行為、ひいてはそれが日本の国益にはね返ってくる、こういうことを保護法益としているのでありますから、その刑法の条項は、国際平和に対する加害、こういうものも考慮しようとする犯罪でありますから、それと今回の国連協力法案でねらっているところの実質後方支援とは必ずしも整合しない嫌いはあるというふうに考えます。
○山口二郎君(北海道大学法学部助教授) 先生の御指摘を私なりに解釈すると、つまり、一方において日本に対する武力の行使については非常に広い概念でとって、物資も情報も間接的な協力は全部武力の行使に含めるという法規定を一方で置きながら、他方で自分が出すときは後方支援は武力の行使とは別だという使い分けをするのがずるいという御趣旨だと思うので、それは私も全く同感であります。つまり、法的に論理的な一貫性、整合性がないというふうに思います。

.....公明党切り捨てがはっきりしてくると、こういう情報が次々と出てくる。この件は議論のすり替えで、外患罪を持ち出しているのだが、もうすでに国民のかなりのレベルで外患罪とはいかなるものかということが理解されつつある。見え見えバレバレでブーメランとなっている。国民を騙すには遅すぎた。
 国際協力における衝突と中韓朝の有事対外存立法とは全く別物である。これを取り上げた公明党の山口は弁護士であり、他の弁護士も当然、法の専門家であるから、すべて承知の上の質疑である。告発もあるな。

まかろん
余命様方々、ありがとうございます。
とうとうトランプ氏就任日が来ました。14時間時差だから、日本には夕方頃ですね、ニュースになるのは。楽しみです。
 日本人は色んな屈辱に耐え、涙を流す暇もなく、ただひたすら働き、この国を支えてきました。
 沢山の裏切り者の議員に失望し、半ばなげやりになりつつも、日本人としての魂はギリギリ保ってきた…やっと、日本人らしく生きる事が出来る、息が出来る政権がやってきた。安倍首相内閣です。
 安倍首相の大変さは凡人には想像するしか出来ませんが、凡人の私にすらしつこく嫌がらせをする民族が居ますから、本当に血を吐く程の苦しさだったと思います。
 一次政権時には在日マスコミにしてやられ、安倍首相は退陣しましたが、三年三ヶ月、日本人にお灸を据えて、お花畑脳の日本人もやっと目覚め、そして動き出しました。
 国民が国を造る、という当たり前の事すらも洗脳で忘れかけていた日本人。本当にもう少しで、奴等に乗っ取られる所でした。
 危機一髪で、アメリカも何かオカシイと気づき、日本と同盟強化を求め、マスコミによる日米分断工作から逃れる事が出来ました。
ヒラリーのような親中売国奴民主党がハッキリして良かったです。アメリカ自体もこれからしっかりしてもらわないといけませんしね(笑)。
 来週には余命様からの真心愛国手紙束が届くのですね。署名捺印、頑張ります。
 国会も始まります。
安倍首相のバックには沢山の日本国民がついている!もう日本を馬鹿にはさせない!
そんな気持ちで、私も新たに頑張ります。
ありがとうございました。そして、これからも宜しくお願い致します。
安倍首相の笑顔と、余命様の笑顔が見たいです。日本国民、みんなが幸せな笑顔になれますように。それが願いです。頑張ります。
ご自愛くださいませ。

正義のななし
南京事件を否定する書籍を置いている愛国ホテル、アパホテルが中国様マンセーの第8回冬季アジア大会の組織委員会から弾圧を受けたようです。

アパホテルに配慮要請=南京事件否定の書籍-札幌アジア大会
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017011900942&g=spo

【北京時事】札幌市などで2月に開催される第8回冬季アジア大会の組織委員会が、旧日本軍による南京事件を否定した書籍を置いているとして、中国で批判が高まっているアパホテル側に対し「スポーツ理念にのっとった対応」を求めていることが19日、分かった。
 大会では札幌市内の同ホテルが各国選手らの宿舎に充てられる予定。組織委は問題となっている書籍を客室に置くのは適切でないと判断しているとみられる。
 冬季アジア大会は、2月19~26日の日程で札幌市と帯広市で開催される。組織委によると、約30カ国・地域がエントリーしており、札幌市内のアパホテルが中韓を含め約2000人に上る選手団の宿舎となる。
 組織委の担当者はスポーツの理念について「異文化の理解や世界平和の促進」などを挙げ、宿舎では「リラックスできる環境を整える」と説明。2月中旬以降にホテルを借り上げた際に「問題があれば対応する」と述べた。
 書籍はアパグループの元谷外志雄代表の評論集で、中国が犠牲者30万人と主張する南京事件について「でっち上げであり、存在しなかったことは明らか」と指摘している。同グループはこれまで、客室から書籍を撤去する考えがないことを明らかにしている。 (2017/01/19-23:50)

第8回札幌アジア冬季競技大会組織委員会 組織図
https://sapporo2017.org/site/overviews/organization.html
平成28年(2016年)12月9日現在
名誉会長:竹田 恆和 (日本オリンピック委員会会長)
会  長:秋元 克広 (札幌市長)
副 会 長:河野 博文 (日本オリンピック委員会副会長)
オリンピック関連団体も外患誘致罪で訴追されたいと名乗り出ております。
どうしましょうか。

.....もろに日本を貶める国益に関する事案であるから、外患誘致罪で告発すればいいだろう。近くの地検か警察に告発状を提出して賛同者を募ればいい。

神近和之
神〇〇〇@日本第一党党員
余命翁様、スタッフの皆様、日本再生の為に毎日ありがとうございます。
お忙しい中で大変恐縮ではございますが1月19日アラカルト②までの出稿記事で取り上げてなさそうでしたので投稿させて頂きました。なお、既に記事に上がっていたりご不要でしたらお手数ですが削除をお願い致します。申し訳ございません。
*平成29年1月13日(金)午前 内閣官房長官記者会見
(首相官邸HP&Twitterより引用)
・最高裁判所判事の人事について
本日の閣議で決定した最高裁判事の人事について申し上げます。最高裁判所判事、櫻井龍子及び大橋正春の両名が定年退官をされることに伴い、その後任として、弁護士・早稲田大学大学院教授、山口厚氏及び元英国駐在特命全権大使、林景一氏を最高裁判事に任命することを決定をいたしました。
・・・以前何処かの出稿記事で見たことのある名前だなぁと思い検索してみました。1227「告発準備進行中㉕」24応援(24oueninfo1)様投稿記事で余命翁様の「次回となる」とコメントされていたので、すでに告発済かと思いますが、それに伴ってヤバいと思って逃げたのでしょうか?今更逃げても無駄だと思うのですが。  (神〇〇〇)

.....異常裁判官については第四次告発となる。

砂風
「破滅のスパイラル」
日韓関係の悪化が有事に発展しそうな昨今。
その際には、これまで散々反日に手を染めてきた売国奴は外患罪で処断され、在日は強制送還になるのでしょう。
 連中はそれを防ぐべく、「日本は悪い事をしたんだから韓国には辛抱しろ」、「冷静に大人の対応をしろ」、「安倍政権はやりすぎだ」、「日韓関係の修復を」、そんな世論を喚起しようとテレビや新聞を使って必死になっている模様。
今回の駐韓大使一時帰国に関しても、それが露骨に表れる始末。
でも、やればやるほど国民の感情が離れていき、おまけに外患罪の罪状が増えていくことに気付いていないのか。
 喉の渇きを塩水で癒そうと一度でも口にすれば、永遠に塩水を飲み続けなくてはならないように、反日を繰り返すしか能がないのかもしれない。
そして反日を繰り返せば、それが自分自身の悲惨な末路につながるというのに、ねえ、朝日新聞。
結局、売国奴も在日も、すでに破滅のスパイラルに踏み込んでしまったということなのでしょう。
告発状の到着を期待して待っております。

大和媛君
余命翁様、スタッフの皆様、何度も申し訳ありません。
全然関係ありませんが、嬉しかったので御報告致します。
■森林総合研究所/‘染井吉野’など、サクラ種間雑種の親種の組み合わせによる正しい学名を確立
http://www.ffpri.affrc.go.jp/press/2017/20170118/index.html
[ポイント]
・4つの種間雑種の学名を、エドヒガン等の親種の組み合わせで整理しました。
・Cerasus × yedoensis という学名は、エドヒガンとオオシマザクラの種間雑種名として用いるべきことを示しました。
・韓国済州島のエイシュウザクラは、‘染井吉野’と異なり、エドヒガンとオオヤマザクラの種間雑種(C. × nudiflora)であることを明らかにしました。 (以下略)
  大和媛君

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト