余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2018-06-16 07:42
2568 2018/06/16アラカルト①(0)
引用元のソース

スカイツリー
余命様、スタッフの皆様
いつもありがとうございます。
そして、メジャーデビューおめでとうございます。
あの週間プレイボーイno26で
しっかり”余命三年”
某ブログなんて書きかたではありません。記事としては、余命はカルトという印象操作していますが、しっかり記事にされてます。
印象操作に惑わされず覚醒する人出て来ますね。楽しみです。
日本お父ちゃん
余命翁並びに事務方の皆様、大変にお疲れ様です。そして読者同志同朋諸氏の皆様、日々の様々な情報ご提供、誠に忝く、篤く御礼を申し上げます。
ミカンの実氏が御指摘されていた「週刊プレイボーイの記事」に琴線が振れ、思わず近所のコンビニへ出向いて購入しました。案の定、如何しようも無い言い掛かりの記事に満ちており、和解に応じたという内容の文書まで掲載されて、週刊プレイボーイは反日確定の烙印を押されても文句を言えない立場になってしまった事、編集者は読者にどのような言い訳を考えるのでしょうか。小生は、今回の記事掲載が将に日本再生への一里塚と成り得るのでは?と愚考しております。
何せ、週刊プレイボーイと言えば日本国内で有数の発行部数を誇る男性向け週刊誌の一つであり、何にせよ広告無しで運営している余命ブログにとって途轍もない宣伝と成り得る訳で、それ程鋭く政治経済にアンテナを張っていない読者に「余命ブログ」の名称が出るという事自体が、大きな援けとなるのでは、と推測する次第でございます。宮崎マンゴー氏が終止符の中で「日本人は泣いている」と記述されていらっしゃいました。小生には「泣いている」では足りず、「哭いている」と表現したい!そう、覚醒した日本人の心はすっかり疵付いていて、将に「慟哭」していると言って差し支えないと思います。
ここに、未だ「お花畑」状態が続いている無垢な日本人へ余命の名前自体が飛び込んだとしたら・・・それこそ、目前でダイナマイト炸裂、位の衝撃波が生じてもおかしくありません。わざわざ、寝た子を起こす行動を起こしてくれて、有難う!神原と北の両偽弁護士共!!貴様らは、日本を救うべき立場にありながら日本を貶めている行為に未だ気が付いていない、これこそ本当の「お花畑」状態だ!!日本人だと言い張るのなら、恥を知れ!腹を切れ!!南北の超汚染半島ゴキブリ共と一緒に、駆除排除排撃征伐(大爆笑)され淘汰されよ。ミカンの実氏、そして宮崎マンゴー氏、素晴らしい投稿を有難う御座います。 否、小生のご先祖が平清盛公と繋がりがあるということなので、武士らしく表現しましょう。「忝く存じ上げ奉り候」。話は変わりますが、米大統領トランプ氏が行った米朝怪談は(敢えて会談とせず)、小生の中では大成功だと思っています。何故なら、この怪談通りなら経済制裁は解除されず、従って「テロリスト支援国家」の指定は解除されないので、日本国内のマンセー日弁連や日教組、日本共産党や民進党、社民党、立憲及び国民民主党と言った反日勢力が「テロリスト指定」される度合いが後退せず、米国当局の動きが鈍る可能性が低くなるからです。結局の処、これら日本国内の大掃除が終わらない限り、超汚染半島と支那の共産勢力が駆逐出来ない、全ての動きが中途半端になってしまい、世界に対して支援の手を差し伸べてあげる機会が、どんどん遠ざかってしまうから、世界に対して申し訳が立ちません。米国大統領も、我らが安倍総理との連携を深める事以外に米国経済の立て直しを図る事は不可能だと理解しており、一見オブラートに包まれたような「包括的な合意」という表現で北の阿呆をはぐらかした、というのが本当の腹では無いでしょうか。
TV、新聞、雑誌等メディアがどのように騒ごうと、動き出した時勢は止められませんので、今後の行方に注視すると共に、余命翁が何時もおっしゃる「出来る事を直押しに」を胸に刻み、小生も出来る限りの行動を採って行こうと思います。
余命翁、そして事務方の皆様。天地照覧必ず余命PTの基に道は開かれます。その際、必ず道標が必要になりますので、大松明を手に、我々を導いて下さい。その為にも、ご自愛下さい。
そして読者同朋同志諸氏。特に今回はミカンの実氏及び宮崎マンゴー氏。誠に有難う御座います。それと、先日、意見があれば参考にと申し上げました、あまむし氏のご投稿は、未だ適当と思われる事象が思い浮かびません。今暫くお待ち下さい。
末筆乍ら諸氏の健康第一を祈念しまして、今回はお開きとさせて頂きます。
長文、失礼致しました。  敬具

 

さざれ石
余命様、チームの皆様、いつもありがとうございます。
また小坪しんや行橋市議と地元後援会の皆様には心からお礼申し上げます。
ただし自分は正直複雑な心境です。申し訳ない。
むかし統帥権。いま弁護士自治。
話は変わりますが、
2549「新潟県知事選、中野区長選、沖縄知事選はつながっている。」
つまり、
①懲戒請求事件+保守系Youtube等閉鎖工作→②新潟県知事+東京中野区長選→③まとめサイトの広告停止等の工作強化→④沖縄知事選→⑤安倍総理の自民党総裁3選阻止という作戦との解釈でよろしいでしょうか。
以前、台灣蘋果日報配信の北朝鮮には中国の五毛党に相当するネット工作部隊が存在し、韓国のネットで分断と誘導工作を行っているというニュースをご報告しました。
日本でもこれからもっと激しくなるはずですが、いざ実戦に直面するとびっくりします。
でも不安や挑発に乗って、ネット保守の潰し合いに参加しないように全員で注意しましょう。
世の中必ずしも1+1=2にはなりません。まさかまさかの積み重ね。
いまこそ冷静に。余命は余命。これからもひた押し。

以下、台湾の国営中央通訊社配信のニュースからです。
■北韓邁向非核 日願協助承擔部分費用
中央通訊社 發稿時間:2018/06/13 12:54 (中央社東京13日総合外電報導)
IAEAが北朝鮮への核査察後にその初期費用の一部を日本が準備しても良いと菅官房長官が発表されたというニュース。
この費用だけに限らず、非核化実行後の北朝鮮への財政支援は、日本国内においては在日韓国籍・朝鮮籍が主体となるのが筋ではないでしょうか。
財源も潤沢にお持ちのようですし、なによりも半島統一を切望し、日本と半島の架け橋になるとする彼らにとって半島と世界の平和と安定に貢献できるわけですから、誰一人として異論はないはずです。祖国である韓国北朝鮮両国民も大歓迎間違いなしです。
幸いマイナンバーがあるから日本政府も協力できます。
後手に回らないうちにいまから日本政府に建議すべきではないでしょうか。

■全球城市風險指數 東京最高台北第4
中央通訊社 發稿時間:2018/06/06 14:06 (中央社ロンドン6日総合外電報導)

2018年「ロイズ都市リスク指標」の第1位は東京。
東京は北朝鮮に近いのに防衛能力分野での投資が不足し、国家間の衝突に対する適応能力は相対的に悪いため。
第2位は米国ニューヨークで最大の脅威は株式市場の崩壊。第3位はフィリピンのマニラ、4位は台湾の台北でともに台風が最大の脅威。

■國安人士:北韓若穩定 美有餘裕管理台海風險
中央通訊社 發稿時間:2018/06/11 20:01 (中央社記者呂欣憓台北11日電)

台湾国家安全局上層部の話として、北朝鮮の核問題を一時的にでも押さえ込めば、米国は南シナ海と台湾海峡の問題に対処する余裕ができるというニュース。米朝首脳会談前夜に配信。

■新黨青年軍王炳忠等人涉違國安法 遭北檢起訴
中央通訊社 最新更新:2018/06/13 13:06 (中央社記者王揚宇台北13日電)

中国籍の周泓旭 (留学生) と新党青年軍の3人 (王炳忠・林明正・侯漢廷)は、燎原新聞網・新中華兒女學會・台大中華復興社等の社団組織を使って、台湾の現役退役軍人・若者・学生ら台湾各界の取り込みを図っていたとして、台北地方検察署は今日4人を国家安全法の「中国の行政・軍事・中国共産党が組織を発展させるために台湾の安全と社会の安定に危害を加える意図」違反の容疑で起訴した。
台北地方検察署の調査で、2014年12月に王炳忠ら4人は共同で「新中華兒女學會4人核心決策小組」と「星火秘密小組」を結成し、台湾で組織を拡げるよう国台弁 (中国国務院台湾事務弁公室) 政治局の崔姓副処長と上海市対外連絡弁公室の趙という職員から指示を受けた。

ざっくりとさわりの部分だけですが、国営中央通訊社日本語版でこのニュースの配信があると思います。
外患誘致罪はハードルが高いと言うのであれば、外患罪に代わる法律を1日も早く制定できるよう影響力があるネット保守の皆様にも協力をお願いして、行政と立法のお尻を思いっきり叩いていただくべき時が来ているのではないでしょうか。

■AIT新館啟用 總統:堅定台美共同目標信念
中央通訊社 發稿時間:2018/06/12 11:30 (中央社記者侯姿瑩、呂欣憓台北12日電)

昨日12日、蔡英文総統と米国からはマリー・ロイス国務次官補らが出席されて、米国在台協会 (AIT) 台北事務所の新庁舎落成式が行われました。
おめでとうございます。大使館規模のすごく立派な建物です。

お天気の影響でバナナの値段が下がり、台湾のバナナ農家さんは採算が合わず困っていらっしゃるようです。
もしお近くのお店で台湾バナナを売っていたら、ぜひ召し上がってみて下さい。
三代様、チームの皆様、読者の皆様、くれぐれもご自愛下さい。以上です。
M
いつもありがとうございます。
匿名三郎様のコメントについては私も気になっていました。
各弁護士会は第五次の懲戒請求は配達証明で正式に受理、調査開始、懲戒せず決定等を書面で送られて来ましたが、第五次で辟易したのか、
> 昨年末以降、日本弁護士連合会や各地の弁護士会が同様(受理しない)の会長談話を相次いで発表している。
とのことで、第六次懲戒請求については外患罪告発状と同じように無視された状態になっているのではないかな?と思っていました。
しかし、弁護士会としては不受理で本来は廃棄?返送?どころか、当該弁護士に懲戒請求書を渡して後は煮るなり焼くなり勝手にしろとしたのか、佐々木弁護士と北弁護士は記者会見まで行なって、示談しないと訴えるぞと脅しをかけてきたわけですが、果たして、宛先を弁護士会宛とした懲戒請求書が弁護士会に受理されていない状態で、それは正式に懲戒請求されたものとみなされるのでしょうか?
懲戒請求書はあれど、懲戒請求として成り立っていない状態なのに記者会見を行って「不当な懲戒請求をされた」と訴えたのでしょうか?
神原弁護士は第五次でしたが、佐々木弁護士、北弁護士ら第六次の弁護士達が示談書を送ってこないのは、本当は懲戒請求として成立していないのをわかっているからなのではと思ったりもします。(訴える気はなく示談でお金を取れれば良い)
法的に全く詳しくないので、弁護士会ではなく懲戒請求された弁護士に直接渡ったものも懲戒請求として正式に認められるのか知りたいところです。

.....もう矛盾だらけで収拾がつかないのだろう。少なくとも佐々木、北弁護士の動きが止まっている。
神原元弁護士は1件だけであるが、訴訟を提起している。彼らが示談期限という6月末を待ってこちらは懲戒請求者全員で告訴ということになる。この両名を含め、懲戒請求者への損害賠償宣言をしてカンパまで集めている弁護士グループ全体に動きがみえない。
記者会見までして損害賠償訴訟を告知宣言し、カンパまで集めていては、さすがに弁護士という職業柄、詐欺になりかねないから提訴は必至だと思うが、日弁連はこんな連中と心中するかねえ....。
まあ、提訴があろうとなかろうと、こちらは提訴の理由が変わるだけだ。
稿をあらためて取り上げるが、提訴については日弁連をはじめとして傘下弁護士会の個人情報漏洩と目的外使用、憲法第89条違反、弁護士法違反等、ネタには事欠かない。
順次進めていくことになる。一気にできない理由は訴訟費用の問題だけである。
近時、あいついで懲戒請求不受理の各弁護士会会長声明が出ているが、これも明らかな自爆行為である。日弁連の受理制度そのものに問題があり、これも近々、とりあげる予定である。

 

経理部
政府、拉致解決へ3条件 方針に実行犯引き渡しを追加
ttps://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1501G_V10C13A1PP8000/
2013/1/15付
政府は近く政権発足後初の拉致問題対策本部を開き、事件の解決に向けた基本方針を確認する。
(1)すべての拉致被害者の即時帰国
(2)安否不明者を含む真相究明
(3)実行犯の引き渡し
――を条件とする。安倍晋三首相は14日の政府広報のラジオ番組で「この3点(の実現)が拉致問題の解決だ」と強調した。

2006年の第1次安倍内閣も同じ条件を掲げていたが、民主党政権下では実行犯の引き渡しに関する言及がなくなった。古屋圭司拉致問題相は15日の閣議後の記者会見で「第1次内閣で決定した3つの方針は復活させる」と語った。

実行犯の引き渡し。
公安は拉致に朝鮮総連が関わっていると考えている。また、朝鮮総連は朝鮮学校と密接に関わっている。
日朝首脳会談以降、北朝鮮が実行犯を渡すは分からない。しかし、実行犯が朝鮮総連にいたと明らかになれば、即刻、SDNリスト入りだ。拉致=テロなのだから。

 

轟木龍藏
余命の皆様、スタッフの皆様
お疲れ様です。
PB誌を読みました。
本ブログあるいは小坪氏のブログで知った以上の情報は無かった様に思います。剥がしやすいテープなるもので封印されており、チラ見もできません。もし、購読を迷われたら買われなくても良い様に思います。良質な情報が満載のジャパニズムも新刊発売中です。
今後も皆様と連携しながら役割を分担しつつ一団となって進んで行けたらと存じます。保守の名で売れる事に便乗される事も当面はありかと思います。
1人でも多くの国民の覚醒を目指して、できる事を直押しに。
轟木龍藏拝

 

老人力
皆様方ご苦労様です。
私の見方が甘かったようです。
韓国が密かに軍装備の改良や新型戦闘機及びミサイルの購入を進め、原潜の発注を検討しているようですね。
これは統一後というよりその前に北朝鮮と組んで日本を攻撃する意図が濃厚と考えられますね。北朝鮮の高官の発言では8月に戦争準備が完了ですからそれ以後は何時でも仕掛けてきますね。ヤバくなりました。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト