余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-12-01 06:27
1341 東京地検返戻文書の疑問7(0)
引用元のソース

ここから赤字部分は再掲。なお日付は入っているので付記した。
27日、久しぶりに全メンバーで合同会議。大和会会長から告発状況の報告があった。
現在、第一次告発、第二次告発が終了し、来月早々に第三次告発作業に入るが、先日、第一次分が返送されてきた。
この返送に添付されてきた書面が凄い。
地検の返戻理由についての文書についてはあまりよくは知らないが、少なくとも公式文書である以上、受付番号あるいは受理番号等の記載と扱い担当部署、そして最低公印でなくても受付の検印くらいは必要であろう。他の事例を見るとそれはみなきちんとしている。
ところが、今回はそれが全くない。どこの誰が扱ったのかが全く不明なワープロ文書である。公的証拠としては全く使えない代物だ。そして一番の問題はその内容である。
大和会では、この文書が異様な形式のため内容よりは、まず真偽の問い合わせをするという。また、前回、横浜地検での不受理の件では、その却下理由の文書さえ出ていない。
これも文書で明示するよう申し入れることとなった。
今回はこの返戻理由書の内容についてどこが間違っているかのテストである。この件は特にコーナーを設けるのでどんどんコメントをお寄せいただきたい。

東京地方検察庁特別捜査部        平成28年11月11日
書面の返戻について
貴殿から送付いただいた書面には「告発状」との記載がありますが、捜査機関に対し犯罪事実を申告して捜査及び犯人の処罰を求める場合、単なる事実の申告のみでは足りず、刑罰法令が定める構成要件に該当する事実を具体的に特定し、かつ、その事実を具体的な証拠によって疎明していただく必要があるところ、同書面には、それらの記載がありません。
 また外患誘致罪とは憲法で保障されている表現の自由との兼ね合いにより、予備や未遂についても発言等のみを捉えて適用するような犯罪ではなく、更には犯罪事実から導かれた、かなり具体的な外国からの武力行使(戦闘行為)の事実(もしくは武力行使しようとした事実)との因果関係の証明が必要となります。
 よって、これまで送付いただいた書面は当庁において受理することはできませんのですべて返戻いたします。

yachtrightwing
余命爺様、サポーターズの皆様
yachtrightwingと申します。
余命爺様
>.....もちろんレターパックをつかい、証拠書類には写真も動画もいれて事実関係には争いが全くないようにしている。
お忙しい中の御回答、ありがとうございます。
であるならば、また、送付した告発状が、添付資料と大量の委任状と共に返戻されたという事実及び物的証拠から、東京地検が一旦受領した告発状一式を余命爺様/大和会様へ返戻したことを東京地検がしらばっくれることは不可能となりました。
「東京地方検察庁特別捜査部 平成28年11月11日」という、署名や捺印、受付番号等が全く無い文書は、東京地検の誰かが作成し、東京地検の名の下に余命爺様/大和会様に送付した。これは事実です。

以上を踏まえまして、以下の2ch余命スレの投稿記事を引用します。
御参考になれば幸いです。

http://mint.2ch.net/test/read.cgi/korea/1480344077/504
504 :
マンセー名無しさん
2016/11/30(水) 20:40:51.91 ID:QRtJ6aQb
東京地検も、「首に鈴つけられた」のわかったんだろうなあ。

http://mint.2ch.net/test/read.cgi/korea/1480344077/521
521 :
マンセー名無しさん
2016/11/30(水) 21:35:31.71 ID:+c0/oicl
>>504
そうだね、検察内部でも「来るぞ、来るぞ」とwktkかgkbrしてたんだろ。
で、到着したら「兼ねてからの手筈通り、処理しておいてくれ」とばかりに
1ヶ月弱の放置&割り印なしの不正規文書を添えて返戻。
どこぞの検事か知らんが、その指示で今回のようなことを行ったとしたら・・・
俄然面白くなってくるな、曲りなりにも「告発状」を検事が見もしないで返戻したわけだから、法務行政手続きの毀損になるんじゃないの?
そこをつつかれたら、検察は言い訳できないよ?

白狐
余命様
いつもご苦労様。
こんな返事しか返ってこないほど この国の蚕食は進んでいるのだと思います。
日本人は バカにしても構わないと言っている。今まで何をしてきたのかと思います。 腹立つなあ・・・・・

小幡 勘兵衛
連投で失礼します。郵便局内部にいる鮮が何かした可能性もありそうですね。だとしたら勝手に人様の郵便物を開封して色々しでかす…鳥インフル持ち込みの如く横行しそうですね。奴らには逮捕とは勲章の様なので…
あとは…受け取ったヤツが新大久保あたりで南鮮の女と戯れてハマってその結果が返送という事もありそうな?少し前でしたか、結構ニュースであった様な?公務員をターゲットにした美人局。これが地検にももれなく当てはまっていて…という事では?喜ばせ組は排除する位の心構えでなければ勝ちは見えそうにはない気が…ダイエットみたいな闘いだなぁ…

四季の移ろい
余命さん、スタッフの皆さん、こんにちは。
以下約600字超えました。申し訳ございません。そして以下色々かなり間違えていると思います。重ね重ね申し訳ございません。

告発とは→犯人または告訴権者以外の第三者が、社会正義のため黙過しえずとして捜査機関に対して犯罪事実を申告し、犯人の訴追を求める制度である(刑事訴訟法239)。
捜査機関に対して「犯罪事実を申告し」。「訴追を求める」。
東京地方検察庁特別捜査部返戻理由書に、のみでは足りず、とありましたが、本来は告発人が「犯罪事実を申告し」たその事実内容を元に、訴追(起訴)に必要な刑罰法令が定める構成要件に該当する事実の具体的特定と事実の具体的な証拠で疎明するのが検察官側のお仕事なのに、それを「訴追を求める」告発人側に求めていると言う事ですか?
裁判で必要な、犯罪が成立する過程に於ける構成要件の事実特定や証拠を調べ上げて検討するのは検察官側のお仕事では?なのでしょうか。
でも色々ごちゃごちゃ考えましたが結局の所、外患罪は犯罪事実のみで犯罪成立、裁判の争いが無いから「犯罪事実を申告」の事実を認めた時点で決定だし一度認めたら最後、時効が無いからこの先エンドレス状態、だから怖いし自分達でやりたくないので告発人にケチつけている、ここに落ち着くのでしょうか。
そしてもっとも大切な事ですが「憲法で保障されている表現の自由」は、国が存立してこそ、日本があってこその表現の自由の保障だと思います。
定義が難しい表現の自由を曖昧に持ち出せば、ごまかせる?どうにでも解釈操作出来る?と思ったのでしょうか。兼ね合い、の明確な説明が欲しいです。
国が、私達の住む日本が無くなったら、公の「発言等のみ」も出来なくなるし、憲法で保障されている表現の自由もそれ以上のものも無くなるのでは。と思いました。
寒さが厳しく成って参りました。日本の冬は寒いし空気は乾燥するし。でもその寒さ乾燥があってこその冬しか見られない美しい景色が日本にはたくさんたくさんあります。
どうかお願いですから余命さんスタッフさん、ご無理は為さらずにお身体を大切に為さって下さいませ。いつもずっとこの景色を楽しめますように。お願いいたします。
(四季の移ろい)

このはずく
余命爺様、大和会さん、スタッフさん達、お疲れ様です。このはずくです。
あ、解った!爺様、これきっと偽物なの。
お役所が判子も署名も無い公文書送りつけてくるなんて、あるわけないの。
加えて“特別捜査部”ともあろうものが、 「自分達は、民間人に一から十までお膳立てして貰わないとお仕事できない無能集団です」とか、「法律の解釈だって好き勝手やります。権限?なにそれおいしいの??」なんて言うわけないの。だから絶対誰かが悪戯したの。
でも困ったな。公文書の偽造は立派な犯罪だし、外患罪の吊縄は邪魔すると増えるタイプだから、悪戯小僧の首にも縄が掛かっちゃうの。
誰なの?こんな酷い悪戯した人。
封筒が本物なら中の人(事務官)かな? それならきっとその内、勤務表とかその他諸々から判っちゃうの。多分、誰かに言われてやったんだろうけど指示した人は十中八九、知らん顔で逃げちゃうの。
ずるいね。他人を生贄に自分だけ逃げおおせようなんて、…許せないよね?
あ、だからって、例えば爺様とか大和会さんに内緒のお手紙したらダメだからね?繋がり無さそうである人探し出して、こ~っそり情報流したりとか。
…ダメだからね。良い子は絶~っ対に、そんな真似しちゃダ・メ・なの(*^_^*)
なんて、法的なツッコミとか地検仕事しろ系は皆さんから集中砲火状態なので、一番気になった吊縄の行方中心で妄想してみました。まずまずの結果で安心したの。これに正式な判子搗いてこられたら地検即確定で、頭抱える所だったの。

上泉伊勢守
何故か名前の『上泉』が取れて『伊勢守』に(((^^;)打ってる最中話しかけられたからミスったかな

検察庁長官殿へ
検察庁は日本国民に『敵対行動をとった』それ以上でもそれ以下でもない。末端がしでかした事だとしても監督責任は誰にある?
知らぬ存ぜぬでは通らぬ話だ、自浄作用があるならさっさと犯人吊し上げた方がいいぞ長官殿
より決意を固くした余命志士より
『死んでからゆっくり休む』とのお言葉、とても戯れ言とは思えず自分のこのコメントも翁の命を幾らか縮める可能性がある事を肝に命じ、重要な物を提示できる時以外これにて再び沈黙致します。
事、成就のあかつきには安倍神社もあるかもしれません、しかしそれでは片手落ち、皆さん薄々思ってはいたと思いますが、余命の志士は翁一族の合祀あるいは余命神社の建立まで行動を共にしようではありませんか!
天皇陛下弥栄!日本帝国弥栄!大和民族弥栄!安倍晋三弥栄!余命一族弥栄!余命志士弥栄!

.....HNか本名かがわからず処理をした。問題なさそうなので前投稿も修正する。

小さき男
日本人の命、財産、未来を犠牲にして名誉朝鮮人(上級国民)として我が世の春を謳歌してきた人たちは本当に今の状況が見えていないのですね。これで晴れて検察という組織自体を外患誘致罪で告発できるようになりました。しかもこれは個人ではなく組織を対象にしたものです。だって返戻には担当検事の名前がないから。そしてハードランディング後、残った裏切り日本人を死刑にするのにとても都合がいい。だって組織を対象とした告発だから、誰を何人処刑台に送るかは高度な政治的判断をする政権の胸先三寸だ。そんなことが現実に起こり得るとは思っていないんだろうな、彼らは。余命のもとに集まる真の日本人たちはそれを目標に大量の告発状を送っているというのに。

たぬき
クリミア方式について、表にして考えてみました。
まず、外患罪裁判による日本の徹底的な浄化が確定しているという前提で考えて、それに対して組織的で暴力的な抵抗があるかどうか。そして、その間に特ア3国との戦争があるかどうか。
①戦争なし、組織的暴力抵抗なし
②戦争なし、組織的暴力抵抗あり
③戦争あり、組織的暴力抵抗なし
④戦争あり、組織的暴力抵抗あり
大まかに分けると、この4つのシナリオが考えられる。
①の場合、外患罪裁判で売国奴を処理。在日特権は全廃。
②の場合、①に加えて、暴徒・テロリストの鎮圧・殲滅。在外日本人は虐殺の危険性。
③の場合、①に加えて敵国人の強制送還とゲリラの殲滅。在外日本人は虐殺の危険性。
④の場合、③に加えて、軍人・軍属・民兵の殲滅。在外日本人は虐殺の危険性。

①以外の②③④でクリミア方式が実行される。クリミア方式に関しては、実行されるかもしれないと思わせて裏切りを促す心理戦の面が大きいと考えていましたけど、表にしてみると、無いと考える方が不自然だと分かりました。

ジョイス
素朴な疑問。宛先を検事正にすると、特捜部に行くのですか?返戻するならそれを決めた検事の名前が記載されていると思いました。

慶子
余命様スタッフの皆さまお疲れさまです。
(先月今年最後と言ったのにすみません)
赤字をばらしてみました。ポイントは3点+2″程かと…
3点については皆さまのご指摘通りと思います。
私は法律のプロではありませんが「告発状」を提出せねばならぬ瀬戸際に置かれた日本人の1人として、また弁護士を探せずに訴状を受け付けてもらえるまで何度も書き直した経験から、判例(先例)のないものは受けたがらない日本の風土の陰の部分と、何かをする為の方法より先に他者の評価を気にする質を反転させるだけで良いはずと、諦めずに進んだ日を思い出しました。
○請願法
第1条[この法律の目的]請願については、別に法律の定める場合を除いては、この法律の定めるところによる。
第2条[請願の方式]請願は、請願者の氏名(法人の場合はその名称)及び住所(住所のない場合は居所)を記載し、文書でこれをしなければならない。
第3条[請願の提出先]請願書は、請願の事項を所管する官公署にこれを提出しなければならない。天皇に対する請願書は内閣にこれを提出しなければならない。②請願の事項を所管する官公署が明らかでないときは、請願書は、これを内閣に提出することができる。
第4条[提出先を誤った請願書の処理]請願書が誤って前条に規定する官公署以外の官公署に提出されたときは、その官公署は、請願書に正当な官公署を指示し、又は正当な官公署にその請願書を送付しなければならない。
第5条[請願の処理]この法律に適合する請願は、官公署において、これを受理し誠実に処理しなければならない。
第6条[差別待遇の禁止]何人も、請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。

私達の生きる空間は法が張り巡らされていても普段は特別意識する事もなく過ごし、ほとんどの人は裁判とは無縁です。たまに速度制限オーバーで「そこの車止まりなさい!」等でギョッとするくらいかと思いますが、今は大袈裟に言うと瞬く間に後にピッタリくっついて「この先無し!」のキップを余命様が切る立場に。
ここに集う方々の投稿の厚さと熱さに、ハラハラしながら盗み見る人がいるとしたら、覚悟せよと優しく伝えたいですね。まだ南無とは言えません。
告発状を請願書に置き換えると難しいとは思えません。少し時間がかかっても、私達の日本が帰ってくるなら他に望むものはないに等しいところです。
自分たちの国で多国籍の人の為の遠慮や犠牲は不用です。
それと、日本再生大和会ブログの題字が麻生副総理の字に似てるように見えたのは、気のせいですね。
余命様やスタッフの皆さまと団結される方々が、これからますます寒くなる冬に負けないで頑張れる事を願い失礼致します。

.....神奈川事案も沖縄事案も大阪事案も北海道事案も、そして東京都を除く全国知事を東京地検に告発したのは、上記の第4条が根拠である。東京地検には、それぞれの事案はそれぞれの地検で処理されるよう、告発状を指示し、または正当な地検に告発状を送付しなければならない義務がある。
にもかかわらず、東京地検は勝手にすべての告発状を返戻しているのである。これは違法行為とは言えないまでも悪質な義務違反である。だがわかってやっているんだろうな。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト